• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

矯正歯科の無料カウンセリングってどうなの?プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.05.29

カテゴリ:BLOG

矯正歯科治療を考えている方で、ネットで調べていると「無料カウンセリング」という内容をよくみませんか? 今回はプルチーノ歯科・矯正歯科が無料カウンセリングについて解説します。 ぜひ参考にしてください。   矯正歯科治療とは 矯正歯科治療とは、歯並びを改善することによって身体的にも精神的にも健康的になる方法のひとつです。 歯並びを改善することで噛み合わせがよくなり、きちんと食べ物を咀嚼できるようになります。 きちんと咀嚼ができると胃腸への負担も少なく消化も促進されるわけです。 また、歯並びを改善することで見た目の変化も発生します。 出っ歯の方や受け口の方などの改善により、見た目にコンプレックスを抱えていた方が自分に自信を持ち、人前で自信をもって笑顔を出すことができるようになります。 見た目の自信につながるので、社交的な性格に変化する方もいるでしょう。 接客業などといった人と対面する仕事の方の場合も接客に自信を持つこともできるようになります。 矯正歯科治療は自由診療のため、価格も矯正歯科医院によって変わってくるのも通常の一般歯科と違うところです。 その分費用の面も含めて自分にあった矯正歯科医院を選ぶことが重要になってきます。   カウンセリングとは? 矯正歯科治療におけるカウンセリングは、患者さんの矯正歯科治療に関する理解を深めるために、不安や疑問を解消する機会のことです。 カウンセリングの予約をおこない、矯正歯科医院にカウンセリングを受けに行くと、初めに問診表を記入し、お口の状態を確認した後、患者さんのお口のお悩みなどをヒアリングしてトータルの情報から矯正歯科治療の基本的な情報を紹介してくれます。 精密な検査などは後日におこなうことが多く、精密検査後に詳しい矯正歯科治療の内容と計画、費用などの説明がおこなわれます。   無料カウンセリングのメリット 無料カウンセリングのメリットを簡単に説明しておきたいと思います。 初めに無料であるため気軽に受けることが可能です。 有料の場合カウンセリングを受けるハードルがどうしても高くなってしまいますが、無料カウンセリングは「費用」というハードルがありません。 また、気軽に気になっている矯正歯科医院の雰囲気を体験できるのもメリットといえます。 矯正歯科治療は高額で長期に渡るため矯正歯科医院と矯正歯科医の雰囲気との相性も非常に重要になります。 全体の雰囲気を体感できるのは、矯正歯科医院選びでは非常にうれしいポイントといえるでしょう。   無料カウンセリングのデメリット 無料カウンセリングのデメリットとしては、じっくり時間をとらない場合が多いことです。 無料カウンセリングは通常の診療の合間にいれることも多く、そのため時間を多くさけないです。 また、あくまで無料カウンセリングは矯正歯科医院の来院喚起のひとつの方法でもありますので、じっくり時間を策よりはたくさんの方に対応できた方が良いといえます。 もちろん無料カウンセリングといっても矯正歯科医院によって違いはありますので「気軽に体験できる」くらいの気持ちでのぞんだ方がいいでしょう。   有料のカウンセリングとの違い では有料カウンセリングとの違いはどんなものがあるでしょうか? 有料カウンセリングはじっくり時間を使ってカウンセリングをおこなってくれます。 歯並び改善に向けて患者さんの問題と原因を見つけていくためには、話し方や生活習慣、癖なども含めて患者さんのライフスタイル全般、性格にいたるまで把握したうえで診断をする必要があります。 そのためには時間が必要になりますが、無料だとその時間を作りにくいためあえてカウンセリングを有料にしている矯正歯科医院も存在します。 ただ、無料カウンセリングが良くないというわけではなく、自分に合ったカウンセリングを選ぶ必要があることを理解しておきましょう。   カウンセリングだけ受けてみてもいいの? 多くの方が疑問にあがることが「カウンセリングだけ受けていいのか?」ということではないでしょうか? 答えは全く問題ありません。 あくまでカウンセリングは患者さんが納得して矯正歯科治療を行ってもらうための情報提供です。 通常の矯正歯科医院でしたらカウンセリング後は自由にどうするか決めて大丈夫です。 逆にカウンセリング時に契約を迫ってくる矯正歯科医院は注意が必要ともいえます。   カウンセリング時に聞いておきたいこと ではカウンセリング時に矯正歯科医に聞いておきたい内容をしょうかいしておきます。 聞いておきたいないようは以下の5点です。   自分の歯の状態 矯正方法 リスク 費用・期間 抜歯があるのか?   自分の歯の状態 カウンセリングでは詳細までは知ることができませんが、矯正歯科医に診断してもらった内容を聞いて自分の歯とお口の状態を教えてもらうようにしましょう。   矯正方法 どのような矯正方法ができるのかも確認しておきましょう。 矯正歯科医院によっても治療ができる内容が違ってきます。 そのため、この矯正歯科医院はどのような矯正方法があるのか?自分はどんな矯正方法をおこなうのか?を確認しておきましょう。   リスク 矯正歯科治療をおこなうにあたってのリスクも確認しておきましょう。 歯が痛むことや、歯根が短くなることなど矯正歯科治療におけるリスクを確認しておくことが大切です。   費用・期間 矯正歯科治療にかかる大まかな費用と期間も聞いておきましょう。 精密検査をおこなってからではないと詳しい内容はわかりませんが、大体の価格帯は把握できます。   抜歯があるのか? 抜歯があるのかも確認しておくことをおすすめします。 抜歯の理由と抜歯のメリットとデメリットも確認しておきましょう。   プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介 今回は矯正歯科の無料カウンセリングについて解説していきました。 無料カウンセリングはメリットも沢山ありますので、ぜひ気軽に矯正歯科医院に相談してみましょう。 最後にプルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介です。   WEB予約可能 プルチーノ歯科・矯正歯科はWEBでの予約が可能です。 WEB予約は非常に簡単で、過去に受診をしたことのある方、初めての方の利用可能なのもうれしいところです。 親子で診療を受ける場合などは、予約をする患者の人数を追加して登録もできるので、お子様の治療と同時に自分の治療もおこないたい方にはとても便利といえます。 WEBでは24時間いつでも予約が可能なので忙しいビジネスマンも安心です。 もちろん電話での予約も受け付けていますので、予約時に聞きたいことなどある場合は電話での予約を利用しましょう。 予約前に気軽に自分にあったマウスピース診断がLINEでかのうなところもうれしいポイントです。   インビザラインに対応 プルチーノ歯科・矯正歯科は、人気のマウスピース矯正の「インビザライン」に対応しています。 インビザラインは認定制度が存在しており、プルチーノ歯科・矯正歯科は「ダイヤモンド・プロバイダー」というランクに認定されています。 ダイヤモンド・プロバイダーは症例数が150〜400症例と非常に多くの症例をおこなっている矯正医師が受けられる認定です。 マウスピース矯正は、ワイヤーを使用しないで取り外しも簡単にできるので食事も美味しく食べやすく、歯磨きもしやすいのが魅力です。   さまざまな診療内容 プルチーノ歯科・矯正歯科は幅広い診療内容で患者さんを迎えています。 成人矯正、小児矯正、インプラント、さらに一般歯科にも対応しています。 一般歯科もおこなっているので、抜歯も院内で可能です。 お子様と一緒に診察を受けることもできるので、家族ぐるみでお口の健康を任せることができるのがプルチーノ歯科・矯正歯科の魅力のひとつです。   通いやすいイオンモール内にある プルチーノ歯科・矯正歯科はイオンモール新瑞橋内にありますので、車での通院が非常に便利です。 イオンモールは駐車場も広く屋内の駐車場も広いです。 そのため、駐車が苦手な方は安心して駐車をおこなうことができますし、雨の日に中駐車場から医院まで濡れる心配もいりません。 通院ついでに必要なお買い物もかのうですし、友人などとのお茶などの待ち合わせ前にも利用しやすいところがうれしいポイントです。 公共交通機関で通院を考えている方も安心してください。 最寄り駅からは徒歩5分と非常に通いやすい立地になっています。 […]

記事を見る

矯正歯科治療はどれくらいの時間がかかる?治療期間をプルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.05.21

カテゴリ:BLOGBLOG

矯正歯科治療を考えている方できになることのひとつに「時間がかかる」ということではないでしょうか? 今回は、プルチーノ歯科・矯正歯科が矯正歯科治療時間について解説します。 ぜひ参考にしてください。   矯正歯科治療とは 矯正歯科治療とは、歯並びを改善することによって身体的にも精神的にも健康的になる方法のひとつです。 歯並びを改善することで噛み合わせがよくなり、きちんと食べ物を咀嚼できるようになります。きちんと咀嚼ができると胃腸への負担も少なく消化も促進されるわけです。 また、歯並びを改善することで見た目の変化も発生します。 出っ歯の方や受け口の方などの改善により、見た目にコンプレックスを抱えていた方が自分に自信を持ち、人前で自信をもって笑うことができるようになります。 見た目の自信につながるので、社交的な性格に変化する方もいるでしょう。 接客業などといった人と対面する仕事の方の場合も接客に自信を持つこともできるようになります。   矯正歯科治療の一回にかかる時間 矯正歯科治療の一回にかかる時間は、概ね30〜60分といわれています。 初回の治療に関しては説明も諸々必要になりますので、もう少し時間をみておいた方がいいでしょう。   矯正歯科治療別の治療期間の目安 矯正歯科治療別の治療期間の目安を紹介します。   ワイヤー矯正 ワイヤー矯正は最も一般的な歯の矯正方法です。 表側矯正は表側にブラケットを装着し、ワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。 裏側矯正は歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを通して歯を移動させます。 裏側矯正は表側矯正に比べブラケットが目立ちにくいのが特徴です。 ワイヤー矯正は矯正装置を自分で取り外しができないので、歯磨きをする時に磨き残しを注意しないといけません。 治療期間の目安は表側矯正も裏側矯正もどちらも概ね1〜3年必要になります。   マウスピース矯正 マウスピース矯正はマウスピースを利用して矯正していく方法です。 ワイヤー矯正に比べて目立ちにくいのが特徴で、矯正装置も自分で取り外しも可能なので食事も歯磨きもしやすい矯正方法です。 マウスピース矯正にかかる矯正治療の期間の目安は2ヶ月〜3年程といわれています。   矯正歯科の期間が長い理由 矯正歯科治療で歯を動かす流れは「歯の骨の吸収」と「骨の再生」の繰り返しで歯を移動させていきます。 初めに歯の移動先の骨は吸収されます。 その後動いたところにはすき間が発生しますが、そのすき間の骨が再生して移動をします。 少しずつその繰り返しをおこなうために少しずつ歯を動かしていく必要があるのです。   そのため大幅に歯を動かすことができないので、矯正歯科治療に時間がかかるのです。 また、歯の移動をおこなったあとに歯の保定期間が必要になることもあり、その保定期間分の時間も必要になります。 歯の矯正期間と保定期間を合計すると期間が長くなってしまうわけです。   予定より時間がかかってしまう場合 歯の矯正を始める際には治療の計画を立てます。 しかし、状況によって治療計画通りに進まないこともあるので注意が必要です。 予定より時間がかかってしまう原因のひとつは、途中で虫歯や歯周病にかかってしまうことです。 矯正治療中に虫歯や歯周病になってしまうと、一旦治療を中断して虫歯と歯周病の治療をおこないます。 治療後に矯正歯科治療を再開するためその分矯正歯科治療の期間が延長してしまうのです。   他に抜歯が必要になった場合も予定より時間がかかってしまいます。 抜歯は矯正歯科医院ではおこなわず、一般歯科で実施します。 そのため、虫歯治療や歯周病治療と同じく矯正歯科治療を一旦中断して、一般歯科で抜歯をおこなうため時間が必要になるのです。   その他には適切な装置の使い方をしなかった場合も予定より時間がかかってしまいます。 担当医師の指示にしたがって適切に装置を利用します。 特にマウスピース矯正の場合は、自分で取り外しができるため1日に必要な着用時間を守るために自己管理が重要です。   他には、定期検診を欠席してしまうことです。 矯正歯科治療は定期的な検診がとても大切になります。 定期検診時に歯の移動状況を担当医師が確認して、適切に歯に力を加えていきます。 定期検診を欠席してしまうと、その確認ができないため適切な力を歯に加えることができなくなり治療が遅くなってしまうのです。 さらに生活習慣や食事の習慣も影響を与えてしまいます。   硬い食べ物や粘着性のある食べ物をたくさん摂取してしまったりする場合や、噛む力合がもともと強い方だったりすると、適切に治療が進まない場合があります。 矯正歯科治療中は食事習慣や硬い食べ物を食べないようにすることも大切です。   予定期間通りに矯正治療を終了させるには? 予定通りに矯正歯科治療を終了させるためにはどのようにすればよいかも解説します。 一番大切なのは治療計画をキチンと守ることです。 矯正歯科治療をスタートする時に治療計画を立てますが、定期検診や治療の方法、装置の利用時間など必ず守るようにしましょう。 自己管理は矯正歯科治療において非常に重要なポイントですので普段よりもお口の状況の管理を意識しましょう。 また、みなさん人間ですので個人差あり、初期段階の歯並びの状態にも左右されますし、年齢にもよって治療の時間も変わってきます。 骨の組織や歯根膜の柔軟な人は歯が動きやすく、歯の骨密度なども関連します。   プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介 今回は矯正歯科治療での治療期間について解説しました。 矯正歯科治療は時間がかかるものです。 その前提をキチンと理解したうえで、適切に治療をおこない自己管理をおこないましょう。 最後にプルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介です。   WEB予約可能 プルチーノ歯科・矯正歯科はWEBでの予約が可能です。 WEB予約は非常に簡単で、過去に受診をしたことのある方、初めての方の利用可能なのもうれしいところです。 親子で診療を受ける場合などは、予約をする患者の人数を追加して登録もできるので、お子様の治療と同時に自分の治療もおこないたい方にはとても便利といえます。 WEBでは24時間いつでも予約が可能なので忙しいビジネスマンも安心です。 もちろん電話での予約も受け付けていますので、予約時に聞きたいことなどある場合は電話での予約を利用しましょう。 予約前に気軽に自分にあったマウスピース診断がLINEでかのうなところもうれしいポイントです。   通いやすいイオンモール内にある プルチーノ歯科・矯正歯科はイオンモール新瑞橋内にありますので、車での通院が非常に便利です。 イオンモールは駐車場も広く屋内の駐車場も広いです。 そのため、駐車が苦手な方は安心して駐車をおこなうことができますし、雨の日に中駐車場から医院まで濡れる心配もいりません。 通院ついでに必要なお買い物もかのうですし、友人などとのお茶などの待ち合わせ前にも利用しやすいところがうれしいです。 公共交通機関で通院を考えている方も、最寄り駅より徒歩5分という好立地です。 気軽に通えるのは、長く通うことを考えると非常に大切なポイントといえるでしょう。   人生のターニングポイントを目指している プルチーノ歯科・矯正歯科の掲げているテーマに「人生のターニングポイントとなる歯科へ」という言葉を掲げています。 医師たちの思いは、「歯科医として、スポット的ではなく、一生を通した付き合いにしていきた」という思いです。 「治療を通して患者さんの人生がより良くなること」目指し患者さんに日々満足してもらえるように、技術はもちろんですが、接客サービス面、最新の機器、院内環境などを整えて患者さんをお迎えします。 信頼できるという点は矯正歯科選びで非常に重要なポイントですので、ぜひ相談だけでもしてみてください。

記事を見る

矯正歯科にカウンセリング行くときの注意点。プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.01.27

カテゴリ:BLOGBLOGBLOG

矯正歯科治療を考えていて、カウセリングを受けに行こうかどうか悩んでいる方もおおいのではないでしょうか? 今回はプルチーノ歯科・矯正歯科がカウセリングについて解説していきます。 ぜひ参考にしてください。 矯正歯科とは? まず簡単に矯正歯科治療について簡単に説明しておきます。 矯正歯科治療は歯の噛み合わせを改善して、見た目や口腔内の健康、肩こりなどの身体的な問題の改善につなげていく治療です。 治療方法には矯正装置を利用します。ワイヤーを使っての治療やマウスピース型の装置を利用した治療方法があり、歯の状態や患者さんの要望によって患者さんに合った治療を矯正歯科医が提案してくれます。 診療は自由診療となるため、費用に保険が適用されません。 また、治療期間も内容によっては3年程かかるものもあるので長期に渡ってじっくり治療していきます。 カウセリングとは? カウセリングは、患者さんの矯正歯科治療へ理解をしっかり深めて、さまざまな不安、疑問を解消していく場です。 治療開始する前に患者さんの歯の状態、状態に合わせた治療方法、費用や期間などを医師から説明されます。 カウセリングは無料でおこなっている矯正歯科医院も多く、費用がかかるとしても5000円程までになります。 カウセリングだけ受けてもいいの? 心配される方も多いのが「カウセリングを受けるだけでいいのか?」とことかと思いますが、カウセリングのみ受けても問題ありません。 治療を強制されることもありませんので安心してください。 逆をいうとカウセリング時に契約を勧めてくる矯正歯科医はその後のトラブルに発展する可能性も高いので注意が必要です。 カウセリングできっちり説明を聞き、自宅に帰って検討してから再度矯正歯科医院で精密検査ご契約という流れが一般的でしょう。 そのため、複数の矯正歯科医院にカウセリングを受けてみて自分に合っている矯正歯科医を選ぶようにしましょう。 カウセリングの進め方 次にカウセリングの進め方を紹介します。 問診 矯正歯科治療についての説明 簡易の検査 治療内容の詳細 費用の説明 1問診 問診は問診票に記入した内容をもとに医師が諸々確認していきます。 問診票はきちんと自身の状態を正直に記入するようにしましょう。 2矯正歯科治療についての説明 問診が終わると、矯正歯科治療についての説明をしてもらえます。 説明内容は、矯正歯科治療の進め方や治療に利用する矯正装置の酒類の説明など、矯正歯科治療の概要を説明してくれます。 この時点で疑問などがあれば必ず聞いて説明してもらいましょう。 簡易の検査 次に簡易の検査です。 簡易検査の内容は、口腔内の写真を撮影して、患者さんの歯の大きさや噛み合わせや歯茎の状態の確認をします。 口腔内の状態を知る必要があるのは、治療に利用する装置や、治療の期間などの大まかなことを把握するためです。 場合によってはレントゲン撮影などをおこなってくれる教師歯科医院もあります。 治療内容の詳細の説明 簡易検査の内容をもとに治療内容の詳細を説明しくれます。 症状によって治療方法や装置が違ってくるので、簡易検査上でのわかる範囲の治療内容や、使用する矯正装置の説明がおこなわれます。 費用の説明 最後に費用の説明です。 矯正歯科治療の費用は自由診療のため、矯正歯科医院によって違ってきます。 きちんと内容を聞いてちょっとでも不明な点があれば質問するようにしましょう。 カウセリングで聞いた方がいい内容 ではカウンセリング時に聞いておいた方がいい内容を紹介します。 きたほうがいい内容は以下の5点です。 矯正治療の期間 費用と支払い方法 抜歯が必要なのか 治療を進行した場合気をつけること リスク 矯正治療の期間 1つ目は矯正歯科治療の期間です。 矯正歯科治療は長期の期間が必要になります。 しかし、矯正方法によっても期間が変わってくるので、自分の今後の予定などにも合うのかなどもきちんと把握しておきましょう。 矯正歯科治療の期間としてはだいたい3ヶ月〜3年程といわれています。 費用と支払い方法 2つ目は費用と支払い方法です。 自由診療の矯正歯科治療は矯正歯科医院によって違いあります。 高額な治療費にもなるので、きちんと費用の詳細なども聞くようにしましょう。 また、支払い方法も必ず確認しましょう。 現金一括、カード決済、デンタルローン、どのような支払い方法があるのかを確認して自分に合った支払い方法が選べるのかをきちんと確認しておくことが大切です。 抜歯が必要なのか 3つ目は「抜歯が必要なのか?」ということです。 抜歯は矯正歯科治療の中で歯の移動をするために必要な場合があります。 しかし、抜歯は痛みや費用の面などのリスクも存在しますので、抜歯があるかどうかも必ず確認しておきましょう。 矯正歯科医院によっては抜歯を他の歯科医院でおこなう場合もあります。 治療を進行した場合気をつけること 4つ目は、治療を進行した場合気をつけることです。 矯正歯科治療が始まると、制限されることもあります。 そのため、事前に確認しておくことで、治療に対しての心の準備もできるようになります。 リスク 5つ目は矯正歯科治療をおこなうにあたってのリスクです。 矯正歯科治療はプラスの面もある反面、リスクも存在します。 長期における治療期間、高額な費用、矯正装置による痛みやメンテナンスの手間、虫歯や歯周病、などさまざまあります。 きちんと自分からもリスクを確認するようにしておくことも大切ですので念頭にいれておきましょう。 カウセリング時に自分に合っているかを見極めるポイント 矯正歯科治療を進めるにあたって矯正歯科医の経験やスキルも重要ですが「自分に合っているか?」という点も非常に大切です。 ここでは矯正歯科医院が自分にあっているかを判断するポイント紹介します。 ポイントは3点です。 費用が予算内か 矯正治療方法が自分の希望のものがあるか 矯正歯科医が自分と相性がいいか 費用が予算内か 1つ目は費用が予算内かです。 高額な費用になってしまう矯正歯科治療はご自身の予算が非常に大切になります。 自分が支払える予算内でしっかり考えて治療を進めていく必要があるので、自分に合っているかをはかるポイントでしょう。 費用は追加料金なども発生しないかも必ず確認しておくことが大切です。 矯正治療方法が自分の希望のものがあるか 2つ目は矯正治療の方法が、自分の希望のものがあるかです。 矯正歯科医院は得意な治療などもあるので、全て治療方法に対応していない歯科医も多くあります。 希望の矯正方法がご自身の症状に合わず希望外のものになることもありますが、まずは自分の希望の矯正治療をおこなっているかもきっちり確認しておきましょう。 矯正歯科医が自分と相性がいいか 3つ目は担当の矯正歯科医と相性がいいかです。 矯正歯科治療は長期に渡っておこなう治療のためできるだけストレスの少ない状態で治療を受けるのが望ましいといえます。 そこで大切なのが担当医師との相性です。 カウセリング時に矯正歯科医の人柄や話方、空気感など、自分との相性を必ず確認しておくようにしましょう。 カウンセリングをするなら矯正歯科医院に予約をしよう カウセリングに行くかまよっているならまずは矯正歯科医院に予約をして話だけでも聞きにいきましょう。 ホームページやネットで調べていても実際に話してみないとわからないこともたくさんあります。 カウセリングをおこなったからといって必ず治療をしないといけないことはありませんので、気軽にカンセリングを受けることをおすすめします。 プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介 カウセリングは患者さん自身が矯正歯科医院と合っているかをはかる場としても活用できます。 歯の状態によっても矯正治療方法は大きく変わってきますのでまずは気軽にカウセリングに行きましょう。 プルチーノ歯科・矯正歯科はカウセリングが無料です。 幅広い診察内容で人気のマウスピース矯正のインビザラインにも対応しています。 イオンモール新瑞橋内にあるため気軽に来院できると思いますので、気軽にカウセリングに行ってみましょう。

記事を見る

矯正歯科治療で高額療養費制度は利用できる?プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.01.26

カテゴリ:BLOGBLOGBLOGBLOG

高額療養費制度って聞いたこと方も多いのではないでしょうか。 この高額療養費制度は「矯正歯科治療で利用できるのか?」と気になりませんか?今回はプルチーノ歯科・矯正歯科が高額療養費制度について解説していきます。 ぜひ参考にしてください。 高額医療費制度とは? 高額療養費制度とは、1ヶ月の(月初めから〜末日)内で病院の窓口負担額が医療機関や薬局の窓口で支払った金額が上限額を超えてしまった時に超過した分のお金が戻ってくる制度です。 上限額は年齢と所得の区分で違ってきます。 矯正歯科治療で利用できるのか? 皆さん気になるのが、「高額療養費制度は矯正歯科治療で利用できるのか」という点だと思います。 高額療養費制度は利用できる場合とできない場合があります。 利用できない場合 利用できないのは、見た目の改善に矯正歯科治療をおこなった場合です。 美容目的のホワイトニングも対象外ですので注意が必要です。 利用できる場合 子供の矯正歯科 子供の矯正歯科治療は、正しい成長をするために必要な治療行為として認められているので高額療養費制度の利用ができます。子供の年齢の範囲としては小学生から中学生であれば成長に必要な矯正治療とみられることが多いようです。税務署が最終的に判断するので注意しておきましょう。 大人の矯正歯科は場合によって可能 大人の矯正歯科治療は、噛み合わせなどに問題があり、発音や咀嚼に支障をきたしてしまうなどの機能面に影響がでてしまう場合に限り「機能回復に必要な治療」を高額療養費制度の医療費控除の対象になります。 機能回復の矯正治療として証明するために、歯科医から診断書を出してもらう必要があります。 カウンセリング時などに矯正歯科医に確認しておくのもよいでしょう。 高額療養費制度が利用できる事例 「噛み合わせが悪く、きちんと咀嚼ができず、身体的に影響が出てしまって機能を回復するためにワイヤー矯正をおこない100万円支払った。」 この場合は対象になります。 高額療養費制度が利用できない事例 「歯並びの見た目をもっと良くしたいと思いマウスピース矯正をおこなって30万円支払った。」 この場合は美容の目的となるので対象になりません。 高額医療費制度はいくらまで利用できるのか? 高額療養費制度がいくらまで利用できるのかを紹介していきます。 高額療養費として返還されるのは、医療費総額から「自己負担しなくて良い費用(療養の給付)と自己負担限度額を引いた金額になります。 自己負担限度額は年齢と区分によって変化します。 年齢は69歳以下と70歳以上で変わり自己負担額は年収が多くなれば多くなるほど上がります。 医療費控除に含まれる支出は? 医療費控除に含まれる支出を紹介します。 歯科矯正治療費 歯科矯正治療費は医療費控除が含まれます。 歯科矯正治療費は、検査費用、診察料、装置費用、処置費用、処方された薬の費用などがそれにあたります。 デンタルローンやクレジットカードで分割した矯正治療費」 高額な費用になる矯正歯科治療はデンタルローンやクレジットカードの分割払いの利用の方も多いのではないでしょうか。 デンタルローンやクレジットカードで分割払いした歯科矯正費用も対象です。 通院時に利用した交通費(公共交通機関の利用のみ) 通院時に利用した交通費も実は医療費控除になります。 しかし公共交通機関を利用しないと対象にならないので注意しておきましょう。 高額療養費制度の申請方法 高額療養費制度を申請方法の紹介です。 申請の手続きは2種類あり、事前申請と事後申請があります。 事前申請は前もって高額療養費制度を申請しておき、医療機関で自己負担の限度額のみ支払います。 長い期間の入院や高額な医療費が事前にわかる場合はこちらを利用するとよいでしょう。 事後申請は、医療費を全額まずは支払います。 そして後日申請し、限度額を超えた金額が払い戻されるというかたちになります。 プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介 高額療養費制度は活用できると非常にうれしい制度です。 利用できる対象は限定されますが、自分が利用可能なのかはぜひ担当の矯正歯科医に確認してみましょう。 最後にプルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介です。 インビザラインに対応している プルチーノ歯科・矯正歯科は、人気のマウスピース矯正の「インビザライン」に対応しています。 マウスピース矯正は「ワイヤーを使用しない、取り外し可能な矯正治療方法」で、自分で取り外しも可能なので食事もしやすく、歯磨きもしやすいのがメリットです。 その中のインビザラインという治療方法は、1999年にアメリカで販売が開始されて今となっては世界で100各国以上、延べ800万人以上の患者さんに使用されている世界で大人気の矯正治療の方法のひとつです。 インビザラインの特徴には「プロバイダー制度」という認定制度があります。 プロバイダー制度は症例数によってランクがわかれており、プルチーノ歯科・矯正歯科は症例数が150〜400症例の「ダイヤモンド・プロバイダー」というランクに認定されています。 また、正確な診断をおこない正しいインビザライン治療をおこなうために、高精度の歯型3Dスキャン”iTero element 5D”という精度の高い歯型が取れる機器を導入しています。 今までは歯型をとる際に、シリコンを患者さんの口に入れるため患者さんは非常に不快な思いを与えていたのが問題でした。 しかし、”iTero element 5D”を利用するとストレスなく精密に歯型を取ることが可能です。 さらに、 ”iTero element 5D”は放射線を使用ないのもポイントで、患者さんも安心して治療を受けることができます。 インモール内にあるのがうれしい ルチーノ歯科・矯正歯科は、場所がイオンモール新瑞橋内にあることもひとつの特徴です。 ご存知の方も多いと思いますが、インモールの駐車場はとても広いのがポイントです。 広い駐車場は駐車が苦手な方も安心して駐車ができます。 また、駐車場が満車で車が停められないといった問題も気にする必要がありません。 小さい歯科医院では起きてしまうこのような問題も、イオンモール内にあるからこそ気にせずいられるのがプルチーノ歯科・矯正歯科です。 さらに、車で通う際に出てくる問題のひとつで「雨の日は駐車場からクリニックまで雨に濡れてしまう」ということがないのもイオンモールの内にあるうれしいところです。 公共交通機関で来院の方の場合、最寄り駅の「地下鉄新瑞橋駅」「名鉄呼続駅」から徒歩5分の場所にプルチーノ歯科・矯正歯科がありますので 電車の場合でも安心して通うことができます。 ほかに、診察前に買い物やお茶、友人との待ち合わせ前に診察することもできるので、まさに日常生活に溶け込みやすい医院といえるでしょう。 幅広い診察内容が嬉しい プルチーノ歯科・矯正歯科は幅広い診察内容があるのが嬉しいポイントです。 診察内容ですが、矯正歯科はもちろんのこと、一般歯科、インプラント、ホワイトニング、予防歯科などさまざまな診察内容になっています。 一般歯科もあるため、抜歯の際に他の歯科医に行く必要もありません。 患者さんにとっても便利で安心して通うことのできる矯正歯科医院といえるでしょう。 小児矯正歯科もおこなっているので、お子様の矯正歯科治療をおこなうと同時に自分の治療もすることも可能なのでお子様のいる患者さんは非常にうれしい内容ではないでしょうか。 人生のターニングポイントとなる歯科へ プルチーノ歯科・矯正歯科の掲げているテーマに「人生のターニングポイントとなる歯科へ」という言葉を掲げているのが特徴です。 「歯科医として、スポット的ではなく、一生を通した付き合いにしていきたい」という思いで毎日治療技術はだけではなく、接客サービス面も高くなるように日々努力しています。医療機器も患者さんが最高の治療を受けられるように最新の設備を用意し、綺麗で清潔な院内環境も維持しています。

記事を見る

裏側矯正って何?プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.01.25

カテゴリ:BLOGBLOGBLOGBLOGBLOGワイヤー矯正矯正歯科

矯正歯科治療を考えている方で裏側矯正という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 今回は矯正歯科治療の裏側矯正についてプルチーノ歯科・矯正歯科が解説します。ぜひ参考にしてください。 矯正歯科とは? 矯正歯科治療とは、噛み合わせに問題がある歯並びを綺麗な歯並びになるように移動させていく治療方法です。 歯並びが良くなるため、見た目の改善や咀嚼がしやすくなるなど見た目のコンプレックスの軽減だけでなく身体的にも非常にプラスになる治療です。 矯正歯科治療には大きくワイヤー矯正とマウスピース矯正が存在します。 裏側矯正とは? 裏側矯正とは、ワイヤー矯正のひとつです。 通常は歯の表面にブラケットと言われる装置を設置しワイヤーを通して力をかけて歯を動かしていきますが、裏側矯正はブラケットを歯の裏側に設置してワイヤーを通していく矯正方法のひとつです。 裏側矯正のメリット では裏側矯正のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。 裏側矯正のメリットは以下の6点です。 外側から見えない 口内が乾燥しにくい 適応症例が多い 歯を移動させるスピード早い 食後の歯の表面を気にする必要が少ない 前歯を後方に移動させやすい 外側から見えない 1つ目は外側から見えないことです。 表側のワイヤー矯正の問題点として「口を開けたら外から見えるため、見た目的な抵抗がある」ということです。 その見た目が気になって中々矯正歯科治療に踏み出せない方も多いかもしれません。 しかし裏側矯正は口を開けても外から見えないので心理的な抵抗感をなくしてくれます。 見た目を気にされる方でマウスピース矯正も検討されますが、マウスピース矯正で対応できない場合ワイヤー矯正を選択する必要があります。 そこでの選択肢としてでてくるのが、裏側矯正でしょう。 口内が乾燥しにくい 2つ目は口内が乾燥しにくいところです。 外側矯正はブラケットが歯の表面に設置しているため、口が閉じにくくなり口内が感想しやすくなります。 口内が感想してしまうと、唾液の量も減り細菌が繁殖しやすい状態になり虫歯や歯周病に繋がります。 裏側矯正の場合はブラケットが邪魔にならないので口が閉じにくいこともありません。 そのため口内の細菌の増加も抑止できるのです。 適応症例が多い 3つ目は適応症例が多いことです。 マウスピース矯正に比べてワイヤー治療は歯の移動にかける力も大きく複雑な症例であっても対応しやすいのがポイントです。 歯を移動させるスピード早い 4つ目は歯を移動させるスピードが早いことです。 ワイヤー矯正は歯にかける力も大きいので、歯の移動のスピードも早くなります。 食後の歯の表面を気にする必要が少ない 5つ目は食後の歯の表面を気にする必要が少ないことです。 食事をした際に表側矯正の場合は、ブラケットやワイヤーに食べかすなどが詰まってしまい綺麗に除去しないと食べかすが見える状態になる可能性もあるので、食後は常に気をつけておかないといけません。 裏側矯正の場合、歯磨きは必要ですが、表面の食べかすにそこまで気を使う必要がありません。 前歯を後方に移動させやすい 6つ目は前歯の出っ張りを矯正する場合、非常に役立ちます。 裏側矯正は前歯を後方に移動させやすく、出っ歯の症状の方におすすめです。 裏側矯正のデメリット 次に裏側矯正のデメリットを紹介します。 デメリット3点です。 滑舌に影響 費用が高くなる 歯磨きが難しい 滑舌に影響 1つ目は滑舌に影響してしまうことです。 裏側矯正は歯の裏側に矯正装置が設置されているため、舌に当たることがあります。 そのため発音や滑舌に影響が出る可能性もあります。 費用が高くなる 2つ目は費用が高くなることです。 裏側矯正は、表側矯正に比べて手間がかかり高い技術が必要になるため表側矯正に比べると費用が高くなります。 歯磨きが難しい 3つ目は歯磨きが難しいことです。 裏側矯正は矯正装置が歯の裏側にあるため、歯磨きの際に歯ブラシがうまく入れにくくなります。 そのため歯磨きは難しいといえるので、丁寧にしっかり時間を使って歯磨きをする必要があります。 裏側矯正におすすめの人 裏側矯正におすすめの人を紹介します。 おすすめの人は以下のような人です。 矯正装置を目立たせたくない人 矯正装置を目立たせたくない人は裏側矯正がおすすめです。 矯正歯科治療は長期に渡るため見た目も気になる方は多いでしょう。 そのような方に裏側矯正はもってこいの矯正方法といえるでしょう。 複雑な症例の人 複雑な症例の方も裏側矯正はおすすめです。 マウスピース矯正に比べ対応している症例が多いです。 そのため複雑な症例の方は、裏側矯正がおすすめといえるでしょう。 症例が複雑で見た目も気になる方は非常におすすめの矯正方法です。 スポーツをしている人 スポーツをしている人も裏側矯正はおすすめです。 サッカーなどの日常的にぶつかることなどあるスポーツをしている場合、表側強制だと唇の裏などの怪我の原因になることもあります。 しかし、裏側矯正の場合は衝撃に対しても口内に当たることもないので比較的安全に利用できるのです。 フルートやトランペットなどを利用する人 意外なところでは、フルートやトランペットなどを演奏する人も裏側矯正がおすすめです。 理由としては、裏側矯正は装置が邪魔にならないからです。 費用と期間の目安 裏側矯正の費用の目安は30万〜150万円程になります。 期間は症状によっても大きく変わりますが、5ヶ月〜3年程といわれています。 プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介 裏側矯正は見た目、対応の症例など総合的に見ても非常に魅力的な矯正方法のひとつです。 歯の状態によっても全体矯正や部分矯正など方法もさまざまありますので、気になる方は一度矯正歯科医に相談してみてください。 最後にプルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介です。 インビザラインに対応している プルチーノ歯科・矯正歯科は、人気のマウスピース矯正の「インビザライン」に対応しています。 マウスピース矯正は「ワイヤーを使用しない、取り外し可能な矯正治療方法」です。 食事もしやすく、歯磨きもしやすいので多くの方が利用している矯正方法です。 その中のインビザラインは、1999年にアメリカで販売が開始されて今となっては世界で100各国以上、延べ800万人以上の患者さんに使用されています。 インビザラインにも多くの種類が存在しており、あらゆる症状に対応できるようになっています。 インビザラインには「プロバイダー制度」という認定制度が存在します。 プロバイダー制度は症例数にランクが分かれており、プルチーノ歯科・矯正歯科は症例数が150〜400症例の「ダイヤモンド・プロバイダー」に認定されていますので、安心してインビザライン任せられる歯科医といえるでしょう。 また、インビザラインに対応できるように、高精度の歯型3Dスキャン”iTero element 5D”という精度の高い歯型が取れる機器を完備しています。 今までは歯型をとる際、従来はシリコンを患者さんの口に入れるため患者さんは非常に不快な思いを与えていたのが問題でした。 しかし、”iTero element 5D”を利用するとストレスなく精密に歯型を取ることが可能です。 さらに、 ”iTero element 5D”は放射線を使用ないのもポイントで、患者さんも安心して治療を受けることができます。 場所はうれしいインモール内 プルチーノ歯科・矯正歯科はイオンモール新瑞橋内にあります。 イオンモール内の特徴は、「駐車場が広い」「駐車場から雨にかからない」「治療の他にも用事を済ませることができる」といったことがあります。 「広い駐車場」は「駐車場がいっぱいで駐車ができない」ことや「駐車場が狭くて駐車が難しい」といったことがありません。 […]

記事を見る

How to find us
 医院までのアクセス

Our clinic is easily accessed by public transport. Car parking can also be easily found. We are conveniently located in AEON mall Aratamabashi which is just a short walk from Aratamabashi subway station or Yobitsugi Meitetsu station.

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、大型駐車場が完備されております。診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ