• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

マウスピース矯正

矯正歯科の種類は?私はどれがいい?タイプ別に矯正方法をご紹介。

23.10.05

カテゴリ:マウスピース矯正ワイヤー矯正矯正歯科

歯並びでお悩みの、矯正歯科治療をご検討されている方の中で「どんな矯正治療の方法があって、自分はどんな矯正治療が合っているのか分からない…」という方も多いのではないでしょうか?
今回はプルチーノ歯科・矯正歯科が矯正歯科治療の種類と、タイプ別のおすすめ治療方法を解説いたします。
ぜひ矯正歯科治療を選ぶ際に参考にしてください。

矯正歯科の種類

矯正歯科の種類は大きくプラケットとマウスピースの矯正の2種類に別れています。
またブラケットには「外側矯正」と「内側矯正」と2種類あることがポイントです。

ブラケット矯正

ブラケットとはワイヤーを利用した治療方法で最も一般的な矯正治療の方法のひとつです。 歯にブラケットという装置を装着してワイヤーをとおします。ワイヤーの力で徐々に歯を移動させていく治療方法です。 ブラケットは様々な症例に対応可能なのがメリットですが、一方で笑顔の際にブラケットが目立ってしまうことや歯磨きが難しいというデメリットもございます。 またブラケットの素材なども豊富で自分にあったブラケットを選ぶことができます。

表側矯正

歯の外側にブラケットを装着方法が「外側矯正」です。
表側矯正のメリットは「矯正治療の中では比較的安い価格でおこなえる」「対応の症例数が多い」「発音のしづらさがない」などになります。
デメリットは「矯正装置が目立ってしまう」「歯磨きがしづらく歯垢がたまりやすくなる」「口内炎ができる可能性が高い」などです。
価格は全体矯正で60万〜130万円、部分矯正ですと、30万〜60万円ほどになります。
期間とは全体矯正で1〜3年程度、部分矯正で2ヶ月〜1年程度です。
ブラケットが目立つことが大きなデメリットのひとつではありますが、ブラケットの素材によって「目立ちやすさ」を解消することも可能です。
しかし、目立ちにくい素材になると価格も高くなるので自分の予算にあったブラケットを選びましょう。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着する方法が「裏側矯正」です。
裏側矯正のメリットは「矯正装置が目立たない」という点です。
デメリットは「歯の裏の矯正装置が舌にあたりやすいため、違和感や痛み感じる場合がある」「歯の裏側に矯正装置があるため歯磨きが難しいため磨き残しやすい可能性が高くなる」となります。
また、上の歯を表側矯正、下の歯を裏側矯正の「ハーフリンガル矯正」というものもあります。
表側矯正より目立ちにくく、バランのとれた矯正方法ともいえる方法です。矯正装置の影響で歯磨きがしにくいのはデメリットです。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、ブラケットやワイヤーを使用しないで、透明なマウスピース装置で歯を移動させる矯正方法です。
メリットとしては「矯正装置が目立たない」「食事は外して食事することができる」「金属アレルギーの心配がない」といった内容になります。
デメリットは「装着時間の決まりがある(20時間以上)」「着用者本人がキチンと装着時間を守る必要がある」「対応できない症例がある」などです。
代表的なマウスピース矯正は「インビザライン」というものがありますが、その他さまざまなマウスピース矯正の種類がありますのでご自分にあったマウスピース矯正を選ぶようにしましょう。

タイプ別おすすめ矯正方法

では次にどのような方がどの矯正歯科治療をするとよいのかを、タイプ別に紹介していきます。

全体的にしっかり矯正したい人

歯並びを大きく矯正する必要があり、全体的にしっかりと矯正をしたい方は「表側矯正」をおすすめします。
表側矯正は一番しっかりと矯正できる治療方法であり、見た目が目立つことはありますが全体に綺麗な治療を期待できます。
お口の状態によっては、抜歯が必要な場合もあります。
また、抜歯をおこない大きく歯の移動をおこなう場合には、表側矯正で歯科矯正をおこなうことが必要です。

部分的な矯正でいいので、できるだけ安く抑えたい人

部分的な矯正治療をしたくて、価格もできるだけ安く控えたい方は「表側矯正」や「マウスピース矯正」をおすすめです。
表側矯正は部分矯正が可能ですので、部分的に矯正治療をおこない、矯正治療が必要な部分に力を加えるマウスピースを作成し使用します。
また、部分的に矯正治療をおこなうことで、低コストでの治療が実施できて治療期間も短縮することができます。
部分的な矯正歯科治療の例としては「軽度の出っ歯」「すきっ歯」「一本だけ歯が傾いている」などの場合、前歯のみを部分的に矯正し綺麗な歯並びにすることが可能です。

とにかく矯正治療が目立たないようにしたい人

とにかく矯正治療が目立たないようにしたい方は、マウスピース型治療をおすすめします。
マウスピース矯正は、透明な矯正装置を利用するので笑顔でも目立ちません。
また食事中は外すこともできるので美味しい食事を楽しみやすいのも魅力でしょう。
接客業などで相手に笑顔を見せる仕事をする方にもマウスピース矯正はおすすめです。
しかし、重度の八重歯の方や骨格が原因での出っ歯、骨格が原因の受け口などの矯正はできません。
その場合は、ワイヤー矯正やハイブリット矯正、または外科的矯正をおこなう必要があります。

痛くない矯正治療がいい方

痛くない矯正治療をおこないたい方はマウスピース矯正を選ぶことがおすすめです。
ブラケット矯正治療の場合、器具が当たって痛みや違和感がマウスピース矯正に比べて大きいからです。
マウスピース矯正は痛みは少ないですが、初めは多少の違和感を感じることがあります。
しかし、マウスピース矯正の場合はすぐに慣れて気にならなくなりますので安心してください。
患者さんのお口の状態によってマウスピース矯正ができない場合もあるため、一度歯科医に希望を伝えて、可能かどうか判断してもらうようにしましょう。

プルチーノ歯科の紹介

今回は矯正歯科の種類のご紹介とタイプ別におすすめの治療をご紹介させていただきました。
ご自身の歯の状態などによって可能な矯正治療は変わってきますので、ぜひ一度当院にご相談ください。
最後に当院ブルチーノ歯科・矯正歯科の紹介です。

アクセスしやすい立地

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあります。
そのため、駐車場も大きくお車でご来店の際も安心して駐車場に停めることができます。
また雨の日も車を停めてから濡れずに受付が可能です。
診察に時間に合わせて買い物やお茶などもできるので、日常生活の中に組み込みやすい歯科医院となっています。
もちろん公共交通機関での来院しやすく、最寄り駅(地下鉄「新瑞橋駅」名鉄「呼続駅」)より徒歩5分です。

充実した院内環境と設備

清潔に保たれた院内環境は広く段差のない「受付・待合スペース」安心して診療中に子供を預けられる「キッズスペース」患者さんのプライバシーを配慮した「診療スペース」インプラントやオペの時に安心してりようできる「特別診察室」なども完備しております。
院内の設備は骨内の正確な情報を撮影できる「歯科用CTレントゲン」ルーペ比べはるかに高倍率で見ることができる「マイクロスコープ」わずか5分で追い口の健康状態を測定する「唾液検査器」痛くない治療につながる「コンピュータ制御の麻酔器」など充実した医療設備で患者さんを診察いたします。

インビザラインに対応

プルチーノ歯科・矯正歯科はマウスピース矯正の「インビザライン」にも対応しています。
インビザラインは歯科矯正治療の実績に応じて認定制度を設けておりプルチーノ歯科・矯正歯科は「ダイヤモンド・プロバイダー」に認定されています。
ダイヤモンド・プロバイダーとは年間症例数が150〜400症例未満に与えられるものです。
多くの症例実績があるため安心してインビザラインでの矯正治療をおこなっていただけます。

鶴田 祥平

この記事の監修者。医療法人鸞翔会の理事長でプルチーノ歯科・矯正歯科の歯科医師。

一般歯科治療成人矯正治療小児育成矯正インビザラインを用いた矯正治療インプラント治療ホワイトニング予防歯科治療セラミック治療などお口のお悩みに幅広くお応えしています。
詳しくはスタッフ紹介のページをご覧ください。

医院へのアクセス・診療時間については各医院のHPをご覧ください。

プルチーノ歯科・矯正歯科 名古屋院
プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前院
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市院
プルチーノ歯科・矯正歯科 東京院

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ