• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

マウスピース矯正

矯正歯科治療に保険適用は可能?プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

24.05.23

カテゴリ:マウスピース矯正ワイヤー矯正矯正歯科

高額な費用がかかる矯正歯科治療ですが、みなさん気になるのが「保険適用可能なのかどうか?」ではないでしょうか?

今回はプルチーノ歯科・矯正歯科が矯正歯科の費用が保険適用される症例とされない症例を解説します。

ぜひ参考にしてください。

矯正歯科とは

矯正歯科治療とは、歯並びを改善することによって身体的にも精神的にも健康的になる方法のひとつです。

歯並びを改善することで噛み合わせがよくなり、きちんと食べ物を咀嚼できるようになります。きちんと咀嚼ができると胃腸への負担も少なく消化も促進されるわけです。

また、歯並びを改善することで見た目の変化も発生します。出っ歯の方や受け口の方などの改善により、見た目にコンプレックスを抱えていた方が自分に自信を持ち、人前で自信をもって笑うことができるようになります。

見た目の自信につながるので、社交的な性格に変化する方もいるでしょう。接客業などといった人と対面する仕事の方の場合も接客に自信を持つこともできるようになります。

矯正歯科治療は自由診療であり、矯正歯科医院によって費用を自由に決めることができます。

そのため矯正歯科治療の価格は医院ごとに違いがあるのも特徴です。

 

保険の種類

医療保険には大きく「公的医療保険」「民間医療保険」の2種類存在します。

公的医療保険とは、国民皆保険制度で加入している保険で病気や怪我をしたときに、医療費の一部を負担してくれる制度のことです。

民間保険制度は、公的医療保険とは別に自分で加入して自己負担分の支払いを補助する役割の保険です。

民間保険制度は保険会社や保険の種類によって適用内容は変化していきます。

 

矯正歯科治療は保険適用になる?

矯正歯科治療は保険適用になるのかを解説します。

基本的には保険適用にはなりません。

しかし、症例によっては保険適用になる場合もあります。

保険適用にならない症例

保険適用にならない症例は、審美的な理由で行われる矯正です。

歯並びを良くするためにおこなう矯正治療はそのひとつです。

体調に大きく影響がなく個人的に見た目をきれいにしたい矯正は保険適用にはなりません。

次に保険適用にならない症例は、医師から矯正治療が必要と診断されて治療のためにおこなわれる矯正歯科治療です。

発達段階の子供の矯正歯科治療などがこの症例に当てはまります。

この症例の場合は、医療費控除は対象にはなるので多少の負担は軽減できるでしょう。

 

保険適用になる症例

保険適用になる症例は、先天的な疾患が原因で噛み合わせの異常が発生する場合や顎変形症、前歯3本以上の永久歯萌出不全のために発生した噛み合わせ場合です。

永久歯萌出不全とは、前歯の永久歯が大人になっても生えてこない状態のことです。

ちょっとした歯並びの異常では保険適用にならないということになります。

ただ、自分で保険適用になるかならないかは診断することはできないので、矯正歯科医に相談してみるようにしましょう。

一点注意が必要なのは、保険適用での治療ができるのは、厚生労働省が定めている施設基準に適合している医療機関でしかできないことです。

注意しておきましょう。

 

矯正歯科治療の費用

では矯正歯科治療の費用も紹介しておきます。

  全体矯正 部分矯正
ワイヤー矯正(表側矯正) 60万〜100万円 20万〜60万円
ワイヤー矯正(裏側矯正) 100万〜180万円 30万〜80万円
マウスピース矯正 55万〜100万円 10万〜50万円

 

保険適用ができない治療の負担をできるだけ減らすには

保険適用ができない治療でもできるだけ負担は少なくしたいですね。

ここで保険適用ができない場合、できるだけ費用を抑える方法を紹介します。

抑える方法のひとつとして「医療費控除」を活用することです。

「医療費控除」とは年間の治療費を規定よりも多く支払った場合に申請をすることで、収めた税金の一部が返金されるという制度です。

医療費控除にも条件が存在し、年間で10万円以上の治療費がかかった場合に利用が可能です。

 

しかし、問題が一点存在し、審美目的の矯正治療では利用できません。

子どもの成長を促すための矯正治療などは医療目の治療になり、控除の対象になります。

大人の場合は、重度の出っ歯や受け口、開咬などで生活に支障がある場合になります。

医療費控除にも対象にならない場合は、院内ローンやデンタルローンが存在します。

矯正歯科治療は高額のため分割払いで払うためにクレジットカードを利用する方も多いと思いますが、デンタルローンはクレジットカードに比べて金利も低く出費を抑えることができます。

 

また、院内ローンがある矯正歯科医院では「頭金なし」や「金利なし」といったプランなども存在しますのでトータルの費用を抑えることが可能です。

クレジットカードの場合はポイントが付くこともあるので2回払いなどでてて手数料のかからない方法で支払うなどをおこなうとポイント分お得になりますので、ご自身の支払える範囲で一番良い方法を選びましょう。

トータルで費用を減らしたい場合は、無料カウセリングなどを活用するのも良いでしょう。

 

プルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介

今回は保険適用について解説しました。

保険適用は場合によって可能ではありますが、かなり対応症例がかぎられてしまうので基本的には保険適用は予定に入れない方がよいでしょう。

矯正歯科医院で診察をされた際に一度確認してみるようにすることをおすすめします。

最後にプルチーノ歯科・矯正歯科のご紹介です。

 

WEB予約可能

プルチーノ歯科・矯正歯科はWEBでの予約が可能です。

WEB予約は非常に簡単で、過去に受診をしたことのある方、初めての方の利用可能なのもうれしいところです。

親子で診療を受ける場合などは、予約をする患者の人数を追加して登録もできるので、お子様の治療と同時に自分の治療もおこないたい方にはとても便利といえます。

WEBでは24時間いつでも予約が可能なので忙しいビジネスマンも安心です。

もちろん電話での予約も受け付けていますので、予約時に聞きたいことなどある場合は電話での予約を利用しましょう。

予約前に気軽に自分にあったマウスピース診断がLINEでかのうなところもうれしいポイントです。

 

インビザラインに対応

プルチーノ歯科・矯正歯科は、人気のマウスピース矯正の「インビザライン」に対応しています。

インビザラインは1999年にアメリカで販売開始され、現在は世界100ヵ国以上、延べ800万人以上の患者さんが使用している世界中で大人気の矯正治療です。

インビザラインは認定制度が存在しており、プルチーノ歯科・矯正歯科は「ダイヤモンド・プロバイダー」というランクに認定されています。

ダイヤモンド・プロバイダーは症例数が150〜400症例と非常に多くの症例をおこなっている矯正医師が受けられる認定です。

マウスピース矯正は、ワイヤーを使用しないで取り外しも簡単にできるので食事も美味しく食べやすく、歯磨きもしやすいのが魅力です。

 

通いやすいイオンモール内にある

プルチーノ歯科・矯正歯科はイオンモール新瑞橋内にありますので、車での通院が非常に便利です。

イオンモールは駐車場も広く屋内の駐車場も広いです。

そのため、駐車が苦手な方は安心して駐車をおこなうことができますし、雨の日に中駐車場から医院まで濡れる心配もいりません。

通院ついでに必要なお買い物もかのうですし、友人などとのお茶などの待ち合わせ前にも利用しやすいところがうれしいポイントです。

公共交通機関で通院を考えている方も安心してください。

最寄り駅からは徒歩5分と非常に通いやすい立地になっています。

お近くの方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

人生のターニングポイントを目指している

プルチーノ歯科・矯正歯科の掲げているテーマに「人生のターニングポイントとなる歯科へ」という言葉を掲げています。

医師たちの思いは、「歯科医として、スポット的ではなく、一生を通した付き合いにしていきた」という思いです。

「治療を通して患者さんの人生がより良くなること」目指し患者さんに日々満足してもらえるように、技術はもちろんですが、接客サービス面、最新の機器、院内環境などを整えて幅広い診療内容で多くの患者さんが喜んでもらえる体制にしているのもプルチーノ歯科・矯正歯科の特徴です。

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ