• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

マウスピース矯正

矯正歯科治療中に歯科医院を途中で変えても大丈夫?プルチーノ歯科・矯正歯科が解説

23.10.07

カテゴリ:マウスピース矯正ワイヤー矯正矯正歯科

矯正治療を始めていく中で、いろいろな理由で矯正歯科を変えたくなる場合はどうしたらいいのかお悩みの方もいるのではないでしょうか?
今回はプルチーノ歯科・矯正歯科が矯正歯科を変えたい方に向けて変えるにあたってのメリット・デメリットまた注意点などを解説していきます。
ぜひ参考にしてください。

矯正歯科を途中で変えても大丈夫なのか?

まず「矯正治療途中で矯正歯科を変えることは大丈夫なのか?」という疑問ですが、答えとしては「矯正歯科を変えることは可能」です。
もちろんできれば治療を開始した矯正歯科で治療を進めることが望ましいですが、引っ越しや自身の生活のスタイルの変化、または、歯科医師への不信や不安が募って変えたくなるなどさまざまな理由があります。
矯正歯科医院を変えた場合のメリットとデメリットを以下で紹介致します。

変えたときのメリット

矯正歯科医院を途中で変えるメリットとしては、ひとつは「通いやすい歯科医院で治療をうけられる」ことです。
引っ越しなどでどうしても通院が難しい場合は変更することで、通いやすく通院が負担になることもありません。
ふたつめは「気分を変えて矯正歯科治療を進めることができる」です。
歯科医師への不信感や不安で歯科医師を変えた場合は、新しい気持ちで治療を再スタートすることができます。
歯科矯正は長期でおこなう治療ですので、患者さんも気分良く治療を進められることは大切なポイントです。

変えたときのデメリット

では、変えたときのデメリットはどのようなものがあるでしょうか。
ひとつめは「想定したよりも費用がかかる場合がある」です。
矯正歯科治療は自由診療のため歯科医によって費用や期間の違いがあります。
そのため、変更前の歯科医院より高い費用になる可能性があります。

ふたつめは「虫歯や歯周病のリスクが上がる」です。
転院するにあたっては「転院先探し」「引っ越し」など治療以外で多くのやらなければならないことが発生します。
そのため通院が後手になってしまいメンテナンスが聞き届かない場合があります。
そうなると虫歯や歯周病のリスクが上がるということです。
それに伴い治療期間が長くなることも念頭にいれておきましょう。

さらに、支払った治療費に関しては、ケースバイケースではありますが、治療の進行度合や歯科医院の方針によって費用が返って来ない場合もありますので注意が必要です。
早い治療段階では治療費も戻ってくることもありますので、歯科医院を変えたいと考えている方は費用がどうなるのかも確認しておくようにしましょう。

矯正歯科を途中で変える場合の注意点

では矯正歯科を途中で変える場合の注意点を紹介します。
注意点は2点です。

  • 治療を受けている歯科医院に転医したい旨を伝えて手続きをする
  • 同じ治療を継続するには、転医先の対応している治療方法を確認しておく

治療を受けている歯科医院に転医したい旨を伝えて手続きをする

まずは、転院する意思を現在治療を受けている歯科医院へ伝えましょう。
転院に向けての書類を準備してキチンと引き継ぎをしてもらえるようにしましょう。
転院先の歯科医院にも必要な資料などは事前に確認しておくことがよいです。

転院を選びきれない場合は、今治療を受けている医師に推薦をしてもらう方法もあります。
また、現在の医師の不信や不安で転医をする場合は、転医先の歯科医院に事情を相談しましょう。
そうすると、引き継ぎ資料を割愛して今後の流れなどを説明してくれます。

同じ治療を継続するには、転医先の対応している治療方法を確認しておく

現在おこなっている治療と同じ治療を継続したいかと思いますが、そのためには、転院先の歯科医院も同じ治療をおこなっていなければなりません。
転勤の可能性がある場合は、引っ越し先から通い続けることができる歯科医院も候補のひとつとして考えておくこともおすすめです。
全国転勤がない会社の場合で地方に固まって支店がある場合などはこのような選択もよいでしょう。

転医先を選ぶポイントは?

転医先を選ぶときのポイントを紹介します。
ポイントは3点。

  • 継続して同じ治療が続けられるか?
  • 受け入れの体制が整っているのか?

継続して同じ治療がうけられるか?

継続して同じ治療が受けられるのかは転医先を選ぶ大切なポイントです。
引越し先の歯科医院が現在進行している矯正治療に対応していない場合は、もう一度転医先の歯科医院で初めから治療を進め直すか、今通っている歯科医院に遠くても通うなどになってしまします。
そのため、必ず現在治療している方法と同じ治療方法が受けられるかを調べるようにしましょう。
インビザラインなどは検査の結果や治療計画、マウスピース情報などをデータ管理しているため引き継ぎがしやすい治療方法のひとつです。

受け入れの体制が整っているか?

歯科矯正は治療期間も長く、治療中に引っ越しになってしまうケースも少なくありません。
そのため、歯科医院によっては転医の受け入れに関してホームページに内容を記載しているところもあります。
転医先として患者さんを受け入れた経験のある歯科医ですと、スムーズに転医をおこなうことも可能で安心して任せることができます。
ホームページに記載がない場合も一度歯科医院に問い合わせて転医に関して相談してみましょう。

転医先の医師との相性を確認

歯科医師への不信感や不安、またはトラブルで転医をする場合は、転医先の歯科医師との相性にも注意しておくようにしましょう。
相談の際に不安な点などしっかり伝え、自分に合うかどうかをきちんと判断して転医先を選ぶことも大切です。

プルチーノ歯科矯正歯科のご紹介

今回は矯正歯科治療中に歯科医院を変えることができるのかを解説しました。
基本的には同じ歯科医院で治療をおこなうのは望ましいですが、ライフスタイルの変化などでどうしても変える必要がでてくる場合もあります。
そのようなときは、きちんと歯科医に相談してきっちり転医することが大切です。
費用も高く期間も長いため仕事での転勤の可能性も念頭にいれて矯正歯科治療を始めることをおすすめします。
最後にプルチーノ歯科・矯正歯科の紹介をさせていただきます。

通いやすい便利な立地

プルチーノ歯科・矯正歯科の特徴はイオンモール新瑞橋内にあることです。
そのため、駐車場も大きくお車でご来店の際も安心して駐車でき、雨の日にも濡れないで受付に行くことが可能です。
イオンモール内にあるため診察前や診察後にお買い物やお茶などでリラックスしたい時間を過ごすことや、ご友人との待ち合わせ前にスムーズに診察をすることもできます。
もちろん公共交通機関での来院しやすく、最寄り駅(地下鉄「新瑞橋駅」名鉄「呼続駅」)より徒歩5分です。

医療設備の充実

プルチーノ歯科・矯正歯科は充実の設備で皆さんをお迎えします。
歯科用のCTレントゲンは骨内の正しい情報を撮影し的確な診断につながります。
またルーペより高倍率で見ることができるマイクロスコープも完備しているため非常に精度の高い治療が可能です。
唾液検査機も導入しており、患者さんのお口の健康状態を約5分で測定可能です。
その他に、無痛治療への取り組みでコンピューター制御の麻酔器などを導入し患者様が”痛くない”治療”を心がけています。

清潔感ある空間

清潔にたもたれている院内は段差もなく広々としたスペースに受付が設置されており、ゆっくり患者さんが問診や相談を受けることができます。
さらにキッズスペースを完備しているため安心してお子様を預けることができます。
診察室は仕切りで区切られており患者さんのプライバシーに配慮しており、インプラント治療やオペに利用する特別診察室も完備しているのが魅力です。
その他、リラクゼーションケアスペースや相談ができるカウセリングルーム、ブラッシングコーナーなども完備しているため、安心してお過ごしいただける空間をご用意しています。

 

鶴田 祥平

この記事の監修者。医療法人鸞翔会の理事長でプルチーノ歯科・矯正歯科の歯科医師。

一般歯科治療成人矯正治療小児育成矯正インビザラインを用いた矯正治療インプラント治療ホワイトニング予防歯科治療セラミック治療などお口のお悩みに幅広くお応えしています。
詳しくはスタッフ紹介のページをご覧ください。

医院へのアクセス・診療時間については各医院のHPをご覧ください。

プルチーノ歯科・矯正歯科 名古屋院
プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前院
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市院
プルチーノ歯科・矯正歯科 東京院鶴田 祥平

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ