• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

インビザライン矯正中の食事で気をつけることは?

21.11.30

カテゴリ:インビザライン

矯正治療で一般に広く用いられるワイヤー矯正は、一度装置を装着すると、基本的には治療が終るまで装置を外すことができません。

そのため治療中は食事の際に「ものが食べづらい」「食べ物が詰まりやすい」といったお悩みも多く聞かれます。

インビザライン矯正は透明のマウスピースの着脱を繰り返しながら歯並びを整える治療法で、装置(マウスピース)を患者様自身の手で外すことができます。

そのため食事の際にマウスピースを外せば、治療前と同じように食事を楽しむことができる点が、インビザライン矯正のメリットの1つです。

では反対に、マウスピースを着けたままの食事は可能なのか、またそのほかにインビザライン矯正中の食事で気をつけるべき点などを以下に詳しくみていきましょう。

インビザラインを装着したままの食事はNG

食事の時に外せるインビザラインでも、シチュエーションによってはマウスピースを外しにくかったり、外すのが面倒だったりすることもあるでしょう。

しかしインビザライン矯正中の食事に関しては、必ずマウスピースを外しておこなうようにしてください。

これはマウスピースを着けたまま食事をすると、歯と装置のすき間に食べかすが入り込み、それが虫歯や歯周病、歯の着色の原因になってしまうためです。

またマウスピースは非常に薄いため、装着したまま食事をしてしまうと、食べ物を噛んだ時にマウスピースが変形、もしくは破損してしまうおそれもあります。

したがって治療中は必ずマウスピースを外してから食事をはじめましょう。

『飲み物』もインビザラインを外して飲む

インビザライン矯正中は飲み物も、マウスピースを外して飲むのが原則です。

マウスピースを装着したまま飲めるのは、お水(ミネラルウォーター)のみで、それ以外の飲み物は食べ物と同様に、虫歯や歯周病などの原因になります。

食事後は歯磨きをしてインビザラインを装着する

食事が終わったら、マウスピースを再装着する前に歯をしっかり磨いておくことも大切です。

歯に食べかすが付いたままマウスピースを装着してしまうと、マウスピース内に細菌が増殖し、虫歯や歯周病などを発症しやすくなります。

もしどうしても歯が磨けない場合は、マウスウォッシュを活用するなど、できるだけ口内を清潔にしてから装着し、後で時間がある時にしっかり歯を磨きましょう

インビザライン矯正中に食事制限はある?

インビザライン矯正では基本的に食事の制限などはありませんが、ただ治療で歯が動いてる最中は硬いものを噛むと痛みを感じやすくなります。

とくに新しいマウスピースに交換してすぐの時期は、お煎餅やお肉など硬いものを噛むと痛みを強く感じることもあるため、その期間はできるだけ硬いものは控えましょう。

 

以上のように治療期間中はすこし不便に感じることも多いでしょうが、トラブルなく治療を進めるうえでは大切なことですので、上記のことはぜひ守るようにしてください。

 

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ