• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

名古屋市で矯正治療の「セカンドオピニオン」受ける際の注意点やタイミング・やり方が知りたい!

22.12.03

カテゴリ:BLOG

セカンドオピニオンとは現在通院中、または通院予定の歯科医院とは別の医院で治療内容やその他の疑問点についてアドバイスを求めることです。

担当医とは違う別の歯科医の視点から「治療は適正なのか」「費用は妥当なのか」などの意見を聞くことで、より良い判断が可能となります。

一方で、患者さんの立場になると「今の担当医に嫌われない?」「転院は今のところ考えてないけどそれでも大丈夫?」など不安はつきません。

そこで今回は、矯正治療におけるセカンドオピニオンの目的やスムーズに進めるためのやり方・注意点などを解説していきたいと思います。

矯正治療における「セカンドオピニオン」の目的

最良の治療を選ぶ・続けるための安心材料を得ること

セカンドオピニオンの一番の目的は、自分にとって最良の治療を選ぶ、または治療を続けるための安心材料を得ることです。

通常の歯科治療よりも費用や時間がかかる矯正治療は、通院する歯科医院や治療内容も慎重に選びたいと誰しも考えます。一方で、歯列矯正は医院によって治療方針や使用する矯正装置、費用などが異なるため、受診した先で必ずしも自分に希望に合う治療を提案してくれるとは限りません。

また、一度は納得したものの、治療を続けていくうちに「自分の思っていたのとは違う」ということも起こりえます。それを直接担当医に相談できれば一番よいのですが、「患者の立場ではなかなかそれは難しい」という方も少なくありません。

そのような場合に、担当医とは違う第3者の意見を聞けるセカンドオピニオンは、納得できる選択・正しい判断に必要な安心材料となるでしょう。

「セカンドオピニオン=転院」ではない

今通っている歯科医院とは別の医院へ行くとなると「転院」という言葉が頭に浮かぶ方もいらしゃると思います。

ただ、セカンドオピニオンはあくまで「ほかの歯科医の意見や考えを聞く」というもので、そこで無理に転院を勧められることはありません。

担当医には言いにくいことや疑問に思うことなども遠慮なく相談してみましょう。

矯正治療のセカンドオピニオンのメリット・デメリット

矯正治療におけるセカンドオピニオンには以下のようなメリット・デメリットがあります。

セカンドオピニオンのメリット

 
*セカンドオピニオンのメリット
  • ・納得して治療が受けられる
  • ・治療への理解が深まる
  • ・視野や選択肢が広がる

 

セカンドオピニオンの一番のメリットは、複数の歯科医の意見や考えを聞くことで自分が納得できる治療が受けられる点です。

たとえば、担当医(または最初の歯科医)の話がいまいち腑に落ちない場合でも、別の歯科医が同じ意見であれば「やはりそうか」と納得しやすくなります。

また、他の歯科医から新たな意見や治療方針を提案された場合は選択肢が広がることにくわえ、これまでになかった視点から治療を見つめ直すこともできます。

セカンドオピニオンのデメリット

 
*セカンドオピニオンのデメリット
  • ・治療開始が遅れる
  • ・治療が長引く(治療が先延ばしになる)
  • ・別途費用が発生する

 

治療開始前や治療途中でセカンドオピニオンを受ける場合、治療開始時期が遅くなったり、治療が長引いたりする可能性があります。

また、歯科医院によってはセカンドオピニオンに別途費用が発生することもあるため、事前によく確認しておきましょう。

どんな時に矯正治療のセカンドオピニオンを考えるべき?

矯正治療でセカンドオピニオンを求めるタイミングとしては「治療開始前」「治療中」「治療後」の3つがあります。

それぞれのタイミングでどういう時にセカンドオピニオンが有効になるのか、以下に詳しく解説していきましょう。

矯正治療開始前

 
*具体例
  • ・自分が希望する装置は取り扱ってない
  • ・抜歯が必要といわれたが、できれば抜きたくない
  • ・スタッフの対応が悪い
  • ・費用が適正なのか疑問

 

矯正治療を行う歯科医院では、多くのところで初回に矯正相談(カウンセリング)を実施しています。

おおまかな治療方針や使用する装置、費用などを聞くことができますが、そこで自分の想像とは違っていたり治療内容に疑問に感じたりしすることもめずらしくありません。

したがって、矯正治療開始前は複数の医院でカウンセリングを受け、自分が納得できる歯科医院を選ぶことをおすすめします。

★矯正治療の無料カウセリングを詳しく知りたい方はこちら
【名古屋で無料カウンセリング】矯正治療の疑問や不安は「カウンセリング」で解決!

矯正治療中

 
*具体例
  • ・治療が長引いている/なかなか終わらない
  • ・治療前より噛み合わせ・歯並びが悪くなっている
  • ・こちらの疑問や不安に答えてもらえない

 

納得してはじめた矯正治療でも続けていくうちに自分の想像とは違っていたり、担当医とうまくコミュニケーションがとれなくなったりすることがあります。そのような状態で通院にストレスを感じたら、セカンドオピニオンを求めるのも方法の1つです。

ただし、その場合は自分の疑問や満足いかない点をまずは担当医に伝えることが重要になります。そのうえで、セカンドオピニオンを受けたいことを申し入れ、必要な資料(レントゲンや模型など)を入手するようにしましょう。

矯正治療終了後

 
*具体例
  • ・予定通りの歯並び・噛み合わせになっていない
  • ・上下の歯が噛み合わない
  • ・仕上がりに満足がいかない

 

担当医に治療終了が伝えられてもなお仕上がりに納得できなかったり、以前にはない不具合を生じたりした場合もセカンドオピニオンは有効です。

その場合も、可能であればこれまでのレントゲンや模型など治療に関する資料を入手しておくと、治療が適切であったかどうかの判断もスムーズに行えます。

もし、これらの資料が手に入らない場合は検査費用が別途かかるため、受診する(セカンドオピニオンを受ける)歯科医院に問い合わせておきましょう。

矯正治療におけるセカンドオピニオンの流れ・やり方

 

では実際に、セカンドオピニオンを受ける場合にどのようなやり方で進めたらよいかを以下に解説していきましょう。

セカンドオピニオンを受ける歯科医院を選ぶ

まずはホームページなどを参考に、セカンドオピニオンを受ける歯科医院を探します。

選び方のポイントとしては、自分が希望する治療の経験や実績が豊富であることや、ホームページに記載されている料金体系なども参考にしてみてください。

治療中の場合は、担当医からこれまでの資料を入手する

治療中にセカンドオピニオンを受ける場合は、最初の歯並びの状態や治療経過がわかる資料を持参すると診断もスムーズに進みます。

データの入手が困難な場合は別途費用がかかったり、適切なアドバイスができなかったりする可能性もあるため、可能なかぎり準備してもらいましょう。

予約・申し込み

セカンドオピニオンを受ける場合は、事前の予約が必要です。

予約の際は、「セカンドオピニオンを受けたい」という旨を受診予定の歯科医院に伝えておくと対応もスムーズです。

矯正治療でセカンドオピニオンを受ける際の注意点

治療内容やその他に不満があるからといって、やみくもにセカンドオピニオンを受けるのはおすすめできません。

セカンドオピニオンを求める際は以下の点に注意しましょう。

セカンドオピニオンを受ける前に、自分の考えや意見を整理しておく

セカンドオピニオンを受けるうえでは、そこに至った理由や疑問点、不満なことを一度整理しておくことをおすすめします。

その際は、自身が治療のどこに重点を置きたいのか(治療内容・費用・期間など)もよく考えてみましょう。

そのうえで、聞きたいこと・知りたいことなどをリストアップしておくと、セカンドオピニオンがスムーズに進められます。

自分の意見に「YES」と答えてくれる歯科医院を探すのが目的ではない

セカンドオピニオンは、自分の希望通りに治療をしてくれる歯科医院を見つけることが目的ではありません。

自分の考えに合わないからといくつも歯科医院を渡り歩くドクターショッピングを続けていては、自分にとって本当に正しい治療が選べなくなってしまいます。

自分の意見を押し付けるのではなく、相手(歯科医)の話にもしっかりと耳を傾けながら客観的に判断することが重要です。

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科のセカンドオピニオン

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科では以上のような内容でセカンドオピニオンを受けつけております。

治療開始前の場合は「無料矯正カウンセリング」にて、また治療中・治療後のセカンドオピニオンについては保険適用内にて検査を行ってまいります。

名古屋で矯正治療のセカンドオピニオンをご希望の方は、ページ下部の「お問合せフォーム」または「お電話」にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ