• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

「部分矯正」で前歯の歯並びを改善!プルチーノ歯科の治療や費用もご紹介

22.02.24

カテゴリ:BLOG

「歯並びが気になる」といってもその症状の度合いは様々で、歯並びが全体的にデコボコしているケースもあれば、1,2本だけ歯並びが悪いケースもあります。

そして後者のように歯並びの一部だけが気になる場合、矯正するにしても「ここだけ治すのにたくさん装置を着けるのはちょっと……」と見た目を考えて尻込みする方も少なくありません。

今回ご紹介する部分矯正は、このような“歯並びの一部だけ気になる”という方におすすめの治療法です。

以下に部分矯正と通常の矯正の違いや、プルチーノ歯科・矯正歯科がご提供するインビザライン部分矯正の内容や費用などをご紹介していきましょう。

部分矯正は通常の矯正とどう違う?

治療で動かすのは「前歯」のみ

通常の矯正治療では、前歯から奥歯に至るすべての歯を動かして歯並びを治していくのが一般的です。これを「全体矯正」と呼んでいます。

対して「部分矯正」は歯並びの気になる部分だけを治す治療法で、全体矯正のようにすべての歯を動かすのではなく、治したい歯だけを動かしていきます。

ただ部分矯正の対象となるののは、基本的に前歯のみです。まとめると、部分矯正は“前歯の歯並びに限定した矯正治療”ということになります。

装置(ブラケット+ワイヤー)の装着も基本的には前歯のみとなるため、全体矯正ほど大がかりではなく、装置による違和感や痛みが軽減されます。

通常の矯正(全体矯正)よりも期間が短く、費用も安い

部分矯正は動かす歯の本数が少ないため、全体矯正より治療期間が短縮できます

全体矯正の治療期間は平均2~3年ほどですが、部分矯正の治療期間は3~6カ月ほどです。

また部分矯正は治療範囲が狭く、装置も治したい部位のみに装着するため、全体矯正よりも費用が安くすむもメリットの1つです。

一般的な全体矯正の費用相場は80~120万円前後ですが、部分矯正では30~60万円ほどとなります。

部分矯正のデメリット

部分矯正は治療範囲が狭いため、適用できる症例が限られます。(次項「部分矯正で治療できる歯並びと治療できない歯並び」を参照)

さらに全体矯正ほど歯をダイナミックに動かすことができないため、症例によっては最終的な仕上がりが全体矯正よりも劣ってしまう場合があります。

部分矯正で治療できる歯並びと治療できない歯並び

どんな歯並びが部分矯正で治せる?

部分矯正は前歯の気になる歯並びのなかでも、比較的症状の軽いケースに適した治療法です。

具体的なものとしては、以下のような歯並びが当てはまります。

  • デコボコした歯並び(歯が重なり合っている)
  • すきっ歯(歯と歯の間にすき間がある)
  • 八重歯(犬歯だけ少し前に出ている)
  • 出っ歯(上の前歯がやや前方に突き出している)
  • 反対咬合/受け口(下の前歯が上の前歯より前方にある)
  • 歯がねじれている/傾いている

このような歯並びで「症状が軽い」「奥歯の噛み合わせが良好」「抜歯の必要がない」ケースでは、部分矯正で治療できる可能性が高くなります。

部分矯正で治せない歯並びは?

上記でご紹介した前歯の歯並びでも、噛み合わせに問題があったり、歯を抜かないと歯並びを治せないようなケースは部分矯正での治療が難しくなります。

くわえて歯並びだけでなく、骨格的な問題(顎の大きさや位置の異常)があるケースも部分矯正の適用外です。

また矯正治療は基本的に天然歯(ご自身の歯)が対象となるため、過去の治療でインプラントを入れている場合は治療ができません。

部分矯正の治療の方法にはどんなものがある?

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯の表面に「ブラケット」という小さな装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かす治療法です。

矯正治療で広くおこなわれている手法で、どんな歯並びの治療にも応用できるメリットがあります。

全体矯正ではこの装置を上下各12本の歯に装着しますが、部分矯正では上下の前歯各6本、症例によっては小臼歯を含めた10本に装着するのが一般的です。

また従来の治療では装置を歯の表側に装着しますが、近年は裏側に着けて目立たなくする「裏側矯正(リンガル矯正)」という手法もあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、薄いプラスチック製のマウスピースを装着して歯並びを改善する治療法です。

歯の動きにあわせて複数枚のマウスピースを作製し、それを1~2週間おきに新しいものと交換しながら歯を動かしていきます。

マウスピース矯正の特長は、装置が透明なので着けていても目立ちにくい点と、自身で装置の取り外しが可能な点です。

とくに装置の”目立ちにくさ”については、見栄えを気にして治療になかなか踏み切れない方には大きなメリットとなります。

また装置による違和感や痛みが少なく、食事やブラッシングの際に取り外しができるのも、ワイヤー矯正にはない利点でしょう。

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科の部分矯正について

今話題の「インビザライン矯正」を採用!

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科では、マウスピース矯正のなかでもとくに人気が高く、世界で高いシェアを占める「インビザライン」というシステムを採用しています。

インビザラインには他のマウスピース矯正にはない利点がありますので、そのうちのいくつかを次の項目からご紹介していきましょう。

歯型採取は1回のみ!さらに光学3Dスキャン「iTero element」で型取り不要

一般的なマウスピース矯正では、歯の動きに応じて2週間~1ヶ月ごとに歯型を取り、新しいマウスピースを作製していきます。

しかしインビザラインは最初の1回の型取りで、治療に必要なマウスピースをすべて作製することが可能です。

さらに名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科では「iTrero element(アイテロエレメント)」の導入より、従来の型取り(シリコンを使った型取り)自体が不要となっています。

「iTrero element」は小型カメラでお口の中をスキャンすると、その情報がコンピュータ上で3D画像に再現される口腔内専用の高精度スキャナーです。

従来の型取りのような不快感がなく、写真を撮る感覚で歯型を採取することができます。

治療前に歯並びのシミュレーションができる

インビザラインがさらに優れているのは、スキャンした歯型を使って歯の動きや最終ゴールの歯並びを事前にシミュレーションできる点です。

インビザラインで使用するマウスピースは、この事前シミュレーションを元に作製されるため、1回の型取り(スキャン)で治療をはじめることができます。

当院ではそのシミュレーションの様子を患者さんにもご覧いただき、歯の動く様子や最終的な歯並びの状態などを説明し、確認いただいたうえでご提案しております。

治療開始前に自身の歯がどのように変化するのかを具体的に把握できるため、治療のモチベーションがあがるほか、安心・納得のうえでの治療が可能となります。

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科における部分矯正の費用

矯正精密検査(唾液検査費込):50,000円+税

費用には、iTeroによる精密印象(歯型取り)・レントゲン写真(セファログラム)・口腔内写真・顔貌写真・唾液検査の料金が含まれます。

部分矯正費用(インビザライン):250,000円+税(片顎)

事前シミュレーションを確認していただき、治療内容にご納得いただけたうえでのお支払いとなります。

調整料:(調整内容が必要な場合のみ)
 アタッチメントの付与/IPR  5,000円+税
 追加アライナー 9,000円+税

マウスピース装着後は1~2ヶ月に1回のペースで通院していただき、歯並びのチェックをおこなっていきます。

※費用は個々の歯並びの状態によって変動します。

まとめ

部分矯正は「プチ矯正」とも呼ばれ、全体矯正よりも気軽で治療期間が短く、費用も安く対応できる点が人気です。

一方で治療範囲が限定的であるため、歯並びの状態によっては適用できないケースもあります。

名古屋プルチーノ歯科・矯正歯科では初回相談を無料でおこなっておりますので、部分矯正にご興味のある方は、ぜひお気軽に当院までお問合せください。

予約はこちら

「インビザラインライトパッケージ」の場合
※前歯部に限局した部分矯正などで用いられる「インビザラインライトパッケージ」の場合、1年間で2回まで型どり、または口腔内スキャンが可能ですが、マウスピースは14個までしか作れません。また当初の治療計画以上には治せませんので、14個以内で治る軽度の症例向きの治療となります。それ以上に治したい場合は別途費用が発生します。

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ