名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

その使い方、間違っています!

18.10.02

カテゴリ:BLOG

こんにちは♪

愛知県名古屋市瑞穂区・南区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科・矯正歯科     堀内です

 

 

 

突然ですが、みなさんは歯磨きの際に歯ブラシだけで終わっていませんか?

 

 

歯ブラシだけ使用している方は、決まって歯と歯の間に汚れが残っていますΣΣ(゚д゚lll)

そのため、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。

特に歯周病は歯と歯の間や奥歯など、酸素が薄いところから歯周病菌が増えやすいといわれています。

なのでプルチーノ歯科では歯ブラシだけでなく、フロスも使うよう指導しています✩

 

ですが、そうするとよく言われるのが

 

“歯茎を傷つけたことがあるので怖くて使いたくないんですよね・・・(´・ω・`;A) ”

 

と言うので、“ちなみにフロスはどうやって通していましたか?”とお聞きすると、だいたいの方が

 

 

↑このように糸を下にグッと下げたその衝撃で歯茎を傷つけているパターンが多いです。

 

フロスの糸は細いので、使い方を誤ると歯茎を切ってしまいます⚠︎

 

なので今回は正しいフロスの使い方を伝授しようと思います!

 

①まずは糸を中指に巻きつけて固定し、人差し指で糸をピンっと張ります。

 

②その状態で歯と歯の間に置きます。

 

③その後、ノコギリと同じ要領で左右に動かしていきます。

そうすると自然にゆっくりと歯と歯の間に入っていきます。

④歯と歯の間は多少のスペースがあるので、隣同士の歯に糸を沿わせて動かし、汚れをキャッチします。

ここでなんとなく左右に動かすだけでは汚れをすべてキャッチすることは難しいです。

 

⑤動かし終えたら、どちらかの手を放して糸を横へ引いていき、糸を外します。

 

この時でも多いのが

このように糸を上へグッと引っ張って外す方が多いですが、こうするとせっかく取れた汚れが歯と歯の間に残ってしまったり、

糸が繊維状に広がって細かい糸が間に引っかかったまま残ってしまったりします。

また非常に多いのが、被せものや詰め物が一緒に取れてしまう方がいます。

なので通した後は横に引くようにしましょう(`・ω・´)✧

 

 

プルチーノ歯科では歯磨き指導の際に歯ブラシの使い方だけでなく、こういったフロスや歯間ブラシの使い方もお教えしていますヾ(o´▽`)ノ

使い方、磨き方がいまいち分からない場合は気軽に聞いて下さい✫

私たち、プルチーノ歯科のスタッフが丁寧にお答えしますヽ(^∀^*)ノ

 

 

 

愛知県名古屋市南区・瑞穂区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科・矯正歯科

名鉄呼続駅から3分、地下鉄桜通線・名城線新瑞橋駅から徒歩5分

土日祝日診療

お電話は052-693-8241

矯正相談、治療相談いつでも受付けております。

We work for thanks and emotion.
人生のターニングポイントとなる歯科へ
プルチーノ歯科・矯正歯科

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ