• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

大人になってから歯列矯正をはじめるメリット

21.07.30

カテゴリ:BLOG

歯列矯正というと、かつては”子どものための治療”というイメージがありましたが、近年は大人になってから矯正治療をはじめる方も増えています。

一方で大人の歯列矯正では「治療期間が長い」「抜歯する可能性がある」など、マイナス面もよく耳にします

確かに大人の歯列矯正は、子どもの歯列矯正にはないリスクやデメリットをともないやすいのも事実。

ただ大人からスタートすることに決してメリットがないわけではありません

では実際に大人から歯列矯正をはじめると治療のうえでどのようなメリットがあるのか、以下に詳しくみていきましょう。

大人の歯列矯正は患者さんのモチベーションが高い

歯列矯正を大人になってはじめるメリットの1つは、患者さん自身の”歯並びを治したい”という意思が強く、モチベーションも高い点ことです

ご存じのように、矯正治療は他の歯科治療よりも治療期間が長く、またその間に「食べづらい」「違和感がある」などのストレスも多くなります。

そのため歯列矯正は”治したい”という強い気持ちがないと、治療がスムーズに進まないことも少なくありません

とくに子どもの場合は本人よりも保護者の意向で治療がスタートするため、子どものヤル気次第では治療に協力してもらえないことがよくあります。

しかし大人の場合は本人の意思で来院されるため、こちらからの指示にもとても協力的で、予定通りに治療を進めやすいのです。

大人の歯列矯正は治療の予測がしやすい

大人の歯列矯正では、子どものような顎の成長が見込めないことがよくデメリットに挙げられます。

これは顎の大きさが変わらない大人の場合は、その制約によって抜歯が必要になったり、骨格によっては外科手術が必要になったりすることがあるからです。

しかし顎の大きさがすでに決まっていることは、なにも悪いことばかりではありません。

顎の大きさが変わらないというのは、裏を返せば”歯を動かすこと”に治療の重点がおけるということ。

これは治療の経過を予測しやすく、最初の計画通りに治療が進めやすいというメリットにつながります。

反対に子どもの場合は顎の成長が予定よりも進んだり進まなかったりすると、途中で治療計画を変更しなければならない点がデメリットといえます。

大人の歯列矯正は治療法の選択肢が多い

近年は従来のワイヤー矯正にくわえ、インビザラインのようなマウスピース矯正や、矯正用インプラントを用いた治療法など、治療メニューも豊富になっています

大人の歯列矯正では、このような豊富なメニューから自身の歯並びの状態や希望に応じて、治療法を選択できる点もメリットといえます

プルチーノ歯科・矯正歯科でも患者様のご要望に応じて、様々なメニューから最適な方法をご提案しております。ぜひお気軽にご相談ください。

 

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ