• ja
  • en

名古屋市のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザラインの矯正診療を行っております。

無料相談も行っております!お問い合わせはこちら 052-693-8241 24時間WEB予約 初診診療予約はこちらから

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

「インビザライン」ってどんな歯並びに効果がある?

21.08.18

カテゴリ:BLOG

従来の固定式装置とは異なり、取り外しのできる薄いマウスピース(アライナー)を使って歯並びを整えるインビザライン。

ただこの治療法はどんな歯並びにも効果があるわけではなく、適応範囲が限られます

では、インビザライン治療で効果が期待できる歯並びとは具体的にどのようなケースなのか、以下に詳しくみていきましょう。

インビザライン治療で効果のある代表的な歯並び

ガタガタ・デコボコの歯並び(叢生)

歯の大きさに対して顎が小さいために歯が一列にキレイに並びきれず、部分的に重なっている状態の歯並びです。

上の犬歯が歯列からはみ出る”八重歯(やえば)”も叢生に含まれます

すきっ歯(正中離開・空隙歯列)

歯と歯の間にすき間がある歯並びです。

叢生のように歯と顎の大きさのアンバランス(歯が小さい)でも起こりますが、生まれつき歯の本数が少ない場合や、「指しゃぶり」「舌癖」などが原因で生じる場合があります。

出っ歯(上顎前突)

正常な歯並びでは、上の前歯が下の前歯よりもわずかに前方にあり、下の前歯の先端を上の前歯が少し覆っています(いずれも2~3mm程度)。

それに対して出っ歯では下の前歯に対し、上の前歯が大きく突き出しているのが特徴です。

遺伝的に生じるケースもありますが、「指しゃぶり」「舌癖」などの悪習癖や口呼吸、食生活などが原因で後天的(生まれた後)に出っ歯になるケースも多くみられます。

出っ歯には”歯並びの問題”から生じたものと、”骨格的な問題”から生じたものの2種類がありますが、インビザラインの適応となるのは前者(歯並びの問題)出っ歯です。

骨格的な問題による出っ歯については、インビザラインでの効果が期待できないケースも多いため、他の治療法を検討します

受け口(反対咬合・下顎前突)

下の前歯が上の前歯よりも前方に突き出している歯並びです。

遺伝的なもののほかに、舌癖(舌で下の前歯を押すなど)や口呼吸などが生じる後天的な受け口もあります。

受け口も出っ歯と同様、“歯並びの問題”で生じているものについては、インビザライン治療での効果が期待できます

そして“骨格的な問題”については、基本的にインビザラインの適応外となり、他の治療法を検討していきます

ほかにもインビザラインで効果のある歯並びはある!

以上にご紹介したケースが、インビザライン治療で効果が得られやすい代表的な歯並び(不正咬合)になります。

ただインビザラインはこのほかにも、治療の適応となる歯並びがいくつがあり、また他の治療法との組み合わせも可能です

歯並びが気になる方、インビザライン治療に興味のある方は、いつでもお気軽にプルチーノ歯科・矯正歯科までご相談ください。

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ