名古屋市南区・瑞穂区のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザライン・インプラント・ホワイトニングの診療を行っております。(イオンモール新瑞橋内大型駐車場完備)

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

関節リウマチと歯周病の関連メカニズム③

17.09.05

カテゴリ:BLOG

こんにちは、

愛知県名古屋市瑞穂区・南区 イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科•矯正歯科 管理栄養士の鈴木です。

 

さて、、、

少々難しいお話の続きですが、読んで頂けたら幸いです。

今回も P.g.菌の悪行についてです。それでは今回は少しですが続きを・・・

 

 

3. P.g.菌とPAD

P.g.菌はPAD(ぺプチジルアルギニンデミナーゼ)という酵素を発現する唯一のバクテリアです。

PADは関節リウマチの重要な病原因子で、シトルリン化によってDNA翻訳語のタンパク質変質を起こします。

シトルリン化は細胞のアポトーシス(細胞死)の際の細胞骨格を形成するタンパク質の中で起こります。

関節リウマチでは、このような細胞骨格タンパク質の病的なシトルリン化が起こり、結果的にシトルリン化されたタンパク質が蓄積しています。とくに重篤な関節リウマチの場合には、このような変質したタンパク質による免疫抵抗の低下が問題となります。そして、体内に蓄積したシトルリン化タンパク質によって、自己抗体の形成が促されます。そのため、関節リウマチに罹患している患者のP.g.価とシトルリン化タンパク/ペプチド抗体の濃度には、相関関係があります。このように、P.g.菌によってさらに関節リウマチが進行していくと考えられています。

 

 

 

歯周病があると、リウマチが進行してしまうんですね・・・

 

リウマチを患っている方、歯周病の検査もしてみましょう!

リウマチの進行が防げるかもしれません。

 

 

 

歯科検診にお越しください、プルチーノ歯科・矯正歯科でお待ちいたしております。

 

 

 

愛知県名古屋市南区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科•矯正歯科

名鉄呼続駅から3分、地下鉄桜通線•名城線新瑞橋駅から徒歩5分

土日祝日診療

お電話は052-693-8241

矯正相談、治療相談いつでも受付けております。

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ