名古屋市南区・瑞穂区のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザライン・インプラント・ホワイトニングの診療を行っております。(イオンモール新瑞橋内大型駐車場完備)

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

歯周病と関節リウマチ

17.08.08

カテゴリ:BLOG

愛知県名古屋市瑞穂区•南区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科•矯正歯科 、管理栄養士の鈴木です。

 

あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、今回からは歯周病と関節リウマチについてのお話です。

 

まず、関節リウマチとはどんな病気か。。。

 

関節リウマチは、持続的な関節滑液の炎症、関節軟骨および周囲の骨の損傷を特徴とする疾患です。成人に発症し、女性の罹患率が男性の3倍、高齢になるほど罹患しやすい性質の疾患でもあります。

関節リウマチは全身の関節にも影響する可能性があるが、とくに中手指関節、近位指節関節、中足指節関節などの手足の関節、手首、膝関節に症状が出ることが多いです。

関節リウマチは、関節に多発の慢性炎症を生ずる自己免疫疾患で、兆候は典型的な炎症状態であり、罹患した関節では腫脹、発熱、疼痛、こわばりの症状が現れます。また、持続的な炎症により、関節表面で腱の断裂、破壊が生じます。

 

 

では、関節リウマチと歯周病の関係とは・・・

 

歯周疾患と関節リウマチは、両疾患ともに骨に近接する組織の慢性炎症であり、病因が非常に近似しています。疾患の進行に伴い、組織内にはさまざまな炎症性サイトカインが高レベルに確認されます。臨床症状も類似しており、疼痛、腫脹、そして圧痛を伴い、治療せずに疾患を放置しておくと、これらの慢性炎症により最終的に周囲の骨破壊が生じます。

このように罹患する組織は異なるが、両疾患の多くの類似性から、それらの関係性が古くから疑われてきました。そして、1982年に歯周歯周病に罹患した歯周組織からリウマチ因子が発見されて以来、関節リウマチと歯周疾患の関係について、臨床的および分子細胞レベルの各々の側面双方から、さまざまな研究が行われてきました。

 

臨床的に両疾患にどのような関係があるのか

①つ目、論文によると

健常者と比較して関節リウマチ罹患者では歯牙喪失(歯を失う)の割合と歯槽骨吸収(歯を支える骨が痩せてくる)の割合が約2倍。

リウマチ因子を持つ関節リウマチ患者において、それらの頻度が最も高くなることも分かっている。

このことから、関節リウマチは歯周疾患に影響を及ぼすことが示唆される。

 

②つ目、研究によると

歯周疾患患者の関節リウマチの発症率についてのデータがあり、健常者よりも歯周疾患患者のほうが、発症率は高い傾向がみられる

 

③つ目、日本における関節リウマチと歯周疾患の関連性を示す最近の研究では

歯周炎の存在とメトトレキサート(抗免疫製剤)による関節リウマチの薬物療法の開始との間には相関性がみられ、歯周炎に罹患している患者の方が2.7倍もそのリスクが高かったと報告。

 

 

 

 

 

歯周病があると 関節リウマチになる確率が高まり、

関節リウマチがあると 歯周病のリスクも高まる のですね。

 

 

上記にもあったように関節リウマチは高齢女性に多いようです。

うちのおばあちゃん、関節リウマチだけど 歯は大丈夫だろうか?

一度 歯科検診をしてみましょう!

 

プルチーノ歯科・矯正歯科でお待ちいたしております♪

 

 

 

 

愛知県名古屋市南区イオンモール新瑞橋1Fにあるプルチーノ歯科•矯正歯科

名鉄呼続駅から3分、地下鉄桜通線•名城線新瑞橋駅から徒歩5分

土日祝日診療

お電話は052-693-8241

歯科検診、矯正相談、治療相談、そして栄養相談も いつでも受付けております。

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ