名古屋市南区・瑞穂区のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザライン・インプラント・ホワイトニングの診療を行っております。(イオンモール新瑞橋内大型駐車場完備)

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

歯周病と肥満・メタボリックシンドローム②

17.07.24

カテゴリ:BLOG

こんにちは、管理栄養士の鈴木です。

夏、本番ですね・・・

アイスクリームが おいしい😋季節ですが、食べすぎ注意です☆

(美味しいご褒美を楽しむためにも、日ごろは控えめに・・・ですよ!)

 

さて、お話は前回の続きです。

 

①肥満・メタボリックシンドロームの疫学

世界的には5億人の肥満成人がいると推計さていて、さらなる増加が見込まれているそうです。

肥満者が増加することにより、歯周病と関連性が高い糖尿病など、いくつかの重大な疾患から受ける影響が大きくなっています。

肥満は予防できる病気で、死を引き起こす改善可能な第一の原因として考えられています。

日本国内での肥満者率は 男性28.7%、女性21.3%で(平成26年 国民健康・栄養調査)、ここ10年横ばいの状況です。

メタボリックシンドロームにおける有病率、男性25.3%(日本内科学会、1993年)です。

 

 

②肥満・メタボリックシンドロームと全身疾患の関連性(メタボリックドミノ)

●過食や運動不足など生活習慣の乱れから、ドミノ倒しの最初の駒を倒すように肥満やインスリン抵抗性という病態が起きてきます。

●次第にドミノは倒れて食後高血糖、高血圧、高脂血症といった生活習慣病を次々と招きます。メタボリックシンドロームの状態です。

●メタボリックシンドロームでは比較的軽い病気が複数重なり、さらに年月を経て虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など、重大な病気を引き起こす可能性が高まります。

●こうしてドミノは総倒れとなり、心不全、認知症、脳卒中、下肢切断、透析、失明など重い病気に罹る危険性が非常に高くなります。

 

このように生活習慣の乱れからメタボリックシンドロームが起こり、病気が重なって一気に血管合併症が起こってくるという考え方がメタボリックドミノです。

 

 

③肥満・メタボリックシンドロームと糖尿病との関連性

血糖値を下げるために膵臓のβ細胞から出るインスリンはインスリン受容体と働き血糖を下げます。肥満になるとインスリン受容体が足りなくなりますが、血糖を適正に保たせようと多くのインスリンを分泌させ膵臓に負担をかけます。また、肥大した脂肪細胞から分泌される炎症性サイトカインがインスリン受容体をブロックしインスリンがうまく働かなくなります。このようにインスリン分泌が盛んになっているにも関わらずインスリンが働きにくくなった状態を“インスリンの抵抗性”と呼びます。

この状態が長く続くと膵臓のβ細胞が疲弊し最終的にインスリン分泌能力が損なわれていきます。そして、血糖を下げる働きが弱っていき2型糖尿病の発症につながります。

 

 

肥満とメタボリックシンドロームは普段の生活習慣、食習慣の改善で防ぐことができます。

歯周病も日ごろのブラッシングや、歯科での定期的なケアで防ぐことができます。

 

 

食習慣を見直したいけれど、どうしたらいいのかなぁ?

歯科健診にいきたいなぁ!

 

どちらも プルチーノ歯科・矯正歯科にお任せください♪

お待ちいたしております☆

 

 

 

 

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ