名古屋市南区・瑞穂区のプルチーノ歯科・矯正歯科では矯正(小児矯正)・インビザライン・インプラント・ホワイトニングの診療を行っております。(イオンモール新瑞橋内大型駐車場完備)

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

プルチーノ歯科・矯正歯科

診療のご予約・お問合せ TEL:052-693-8241

BLOG

歯周病とその他の疾患②

17.10.24

カテゴリ:BLOG

こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区•南区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科•矯正歯科、管理栄養士の鈴木です。

 

その他の疾患②、今日は「認知症」です。

 

まず、

◆認知症とは

認知症とは後天的に認知機能が低下し、それによっ日常生活が自立できなくなる状態を指します。

認知症は、アルツハイマー型、前頭側頭型、レビー小体型などの脳神経変性疾患と、脳梗塞などによる脳血管性認知症の4つに分類されます。脳血管性認知症は、血管障害の再発を予防できればその進行を抑制することが可能であるのに対し、脳神経変性疾患は、根本治療が困難であるため、長期の断続的ケアが必須です。

 

◆歯周病と認知障害の関連メカニズム

歯周病と認知障害の関連については、単に患者自身の認知機能低下による口腔清掃不良や歯科医院への通院が途絶えることが原因となるだけではなく、歯周病による炎症反応が脳に及ぼす影響や歯周病原細菌が脳組織へ到達することによる影響が考えられています。

認知障害の代表的病態であるアルツハイマー病に、どのように歯周炎が関与するかは下記の様です。

 

 

①つ目

歯周炎

歯周病原菌

全身への感染、炎症の波及

血液脳関門の障害による脳へ移行

細菌の侵入

神経の炎症

神経線維の混乱

アルツハイマー病の発症

 

 

②つ目

歯周炎

歯周病原菌

全身への感染、炎症の波及

血液脳関門の障害による脳へ移行

血小板の凝集

脳血管のアテローム性動脈硬化症

アルツハイマー病の発症

 

 

◆色々な研究結果の要約

・フィンランドの研究

アルツハイマー病を除く認知症患者では、歯周組織の感染が起こりやすい傾向が見られた。

 

・デンマークの研究

歯周組織に炎症がある人は認知機能テストで低いスコアであった。

 

・歯周病組織の臨床データとアルツハイマー病の関係を調べた研究

58名のアルツハイマー病患者と60名の正常な認知機能の中高年を比較した結果、アルツハイマー病患者ではすべての歯周病組織検査で、正常な人に比べて有意に悪化していた。このことから、歯周炎は認知機能に関連していると示唆。

 

・最近発表された、6か月間の前向きコホート研究

60名の軽度から中等度のアルツハイマー病患者を追跡した結果、歯周炎の存在は6倍もの認知機能の減退に関連していることが示唆された。この結果により、アルツハイマー病患者に歯周治療を行うことは、認知機能に何らかの効果があるかもしれない。

 

 

 

◆まとめ

歯周病 → 認知症

・歯周病による炎症が認知機能に負の影響を及ぼし、認知症を発症、増悪する危険が高まります。

・歯周病が脳神経系組織へ影響を及ぼすメカニズムが提唱されています。

・歯周治療が認知障害の発症を防ぎ、進行を抑制させる可能性があります。

 

認知症 → 歯周病

・口腔清掃不良や歯科への受診が途絶えることなどで、歯周病の悪影響をおよぼすことが考えられます。

 

 

 

 

 

歯周病は認知機能とも関係していたんですね・・・

自分が認知症を発症するかもしれないと、思うことはなかなか少ないかもしれませんが、それへの悪影響は取り除いていた方がいいですね。

歯科検診、受けましょう!

歯周病の予防や治療で 人生の明暗が分かれるかもしれません。

 

お待ちいたしております☆

 

愛知県名古屋市南区イオンモール新瑞橋1F

プルチーノ歯科•矯正歯科

名鉄呼続駅から3分、地下鉄桜通線•名城線新瑞橋駅から徒歩5分

土日祝日診療

お電話は052-693-8241

定期健診、矯正相談、治療相談いつでも受付けております。

 

 

医院までのアクセス
ACCESS

プルチーノ歯科・矯正歯科は、イオンモール新瑞橋内にあるので、 大型駐車場が完備されております。
診療と合わせて、お買い物など、とても便利な立地です。
また様々な交通機関を利用しての来院が可能です。

ページの先頭へ